裁判所 昼休みの対応に付いて

  • ページ: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 低
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-02-25 (土) 23:30:23
  • 段階、参照:

趣旨

 今回は、『昼休み中と、掲示を、行い、窓口が、閉鎖される事』は、地方の自治体ですらも、殆どが、昼休みも、電話などの応対を、行うのに、傲慢(ごうまん)な裁判所では、『職員が、平然と、職場の自席で、食事を、行っている』(のを、来訪者に、見せ付ける)程に、人間性の無さを、伺える。

 裁判所の職員は、「世間では、昼休みに、事件が、生じて、無い」とでも、想っているのだろうか。

補足 - 令和元(皇紀 2679;2019)年05月23日
 後の時代的には、機械的な行動を、人が、行う程度の公務ならば、人よりも、電子的な機会の方が、精密性が、高い業務も、生じている。
事例
 既に、人工的知能(Artificial Intelligence( A I ))による、業務の簡略化は、進められており、中華人民共和国では、先に医療の分野、次いで、裁判所(裁判官)に、導入される事が、公表されている。

 まぁ、そんな司法制度から、相応な被害を、民が、受けるのであって、当然に、公務員も、国民の内で、ある。

 よって、公務員の意識的改革を、目論見つつ、裁判所の業務における、改善の請求を、行う。

補足

 もともと、裁判官の夏休みに付いても、課題と、成っていたが、無視されている。

 『裁判官の研究における期間だ』と、称されているが、その割りに、戦後60年を、経ても、裁判所の職員(裁判官を含む)達が、憲法の前文すら、その趣旨を、健忘する程の状態で、何の為に、研究の時期が、有るのか、不明(無駄)。

完了

対処

 改善を、請求。

経過(追記)

 平成29(皇紀 2677;2017)年03月29日 現在の僕が、知る限り、改まってない。

  • 追記
    • 平成29(皇紀 2677;2017)年03月29日

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-23 (木) 10:48:01 (376d)