国 戦後の子供達による言葉の使い方に付いて

  • ページ: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 低
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-03-04 (日) 16:03:09
  • 段階、参照:

趣旨

 現在の日本国内における言葉の使い方では、主に標準語での教育が求めてられている。

 ところが関東圏外では、未だに方言が強いと言う場合もある。

 更に『若者言葉』との観点から、世代毎に流行する言葉や喋り方が有るが、基準言語を正しく使えない状況は、文化的な観点から、好ましいと想えない。

 よって相応な調査を行い、どこの段階で言語教育の基礎を十二分に行うのか調査を行いつつ、報告書を作成する。  

 尚、戦後間もない時期における少年達の言葉使いは、現在と比較すると綺麗だったと映画などで感じられので、歴史的な観点からも、調べる予定である。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:42:16 (538d)