国 手話の応用に付いて

  • ページ: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 低
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-03-04 (日) 16:17:25
  • 段階、参照:

趣旨

 現行の手話には、色々な意味で未だ文化的開拓が行えるのかと想われる。

 また改善を必要としている点では、手で表現する形などが、異国文化では、相手を侮辱しているような表現に値をする事も有り、大いに問題視をされる。

 利点としては、健聴者でも長距離の会話などにも使え、色々な意味で応用が可能であるが、既に利用を行われている文化が有ったり,軍事的にも使われている。

 よって、福祉的な観点だけでなく、『手話による対話の活性化』と言った観点で、発展をさせる必要が有るかと想われ、相応な報告書を作成する。

 なお、一般の仕事などでも利用が可能なのかと想われつつ、業種によって既に使われている(例えば、市場の競りなど)。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:42:17 (535d)