国 過去の法務大臣に課する法的な責任

  • ページ: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 低
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-03-04 (日) 16:29:33
  • 段階、参照:

趣旨

 最高裁判所が、最終的に決定を行った死刑に対して、『国民に理由を明確にせず、半年以上も刑を執行しない』との状況は、「法務大臣が裁判所、国民を侮辱している」と判断できる。

 よって、過去5年間を遡る形式で、歴代の法務大臣に対する責任の追及を行うべく報告書を作成する。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:42:17 (532d)