国 性犯罪者の刑罰に付いて

  • ページ: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-04-02 (月) 17:59:09
  • 段階、参照:

趣旨

 性犯罪における問題は、意外に多いとされている。

 詳細では、夫婦間、親子間での強姦を含めて、微妙な問題も含まれる。

 今回は、他人間で強姦、性犯罪など、それらに関連する行為を、「懲役後でも繰り返す人格を有する者を、どのように対処するか」が問われる。

対策

 肉体的、精神的な被害を受けた人の申請に基づき、重度の刑罰要求を受け、それを検察官によって裁判の審議にて認められた刑事経歴を有する加害者が、累犯を行った時は、無条件で無期懲役を最低限度の刑罰とする観点が求められる。

解説

 これは、累犯防止の観点があって、「近年だと、一般世間よりも刑務所で生活する方が健全的で、且つ安全的とされ、懲役の役割を刑務所が然程にと果たして無い」との状況に基づく。

 これは、性犯罪に限らず、あらゆる刑事の分野で言える問題であり、累犯の解消へ取り組む事をも意味する。

 よって司法分野の観点で、裁判所の加害者に対する刑罰効果が問われつつ、再犯、累犯の発生防止を目論む。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:42:18 (532d)