国 がん細胞の早期壊滅に付いて

  • ページ: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 低
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-04-03 (火) 14:34:29
  • 段階、参照:

趣旨

 Macrophage(マクロファージ)、または、T細胞を外科的に用い、特定の範囲を特定の物質だけ駆逐する抗体の方法を研究されたい。

 また各細胞の遺伝子操作にて対応も可能かと想われ、特定物質に対する免疫強化を目論む事が可能かとも想われる。

 これにより、現在に脅威とされる放射線関係の脅威を医療的に免れる可能性があるのかと想われる。

 なお懸念をされるのが、副作用的にと生じるであろう、Allergy(アレルギ)反応である。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:42:19 (603d)