最高裁判所 裁判官の定年と任期の改善に付いて

  • ページ: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 低
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-01-02 (月) 18:24:32
  • 段階、参照:

趣旨

 現行では、最高裁判所の裁判官が、70歳、高等、地方、家庭裁判所が、65歳で、定年と、成ると、想われる。

 それらの人員は、新司法試験の制度を、経た者で、なく、「新司法試験にて、求められる、技能を、有するのか」は、僕が、実際に、訟廷(民事)の利用を、行った、限りだと、不審を、抱くに、至って、いる。

 また、「技能差を、補う、補修制度が、有るのか」も、不明。

詳細
 極論からすれば、「新司法試験を、経て、無い、裁判官は、その試験同等の技能を、有すると、想え、無い。

 更に、「裁判官を、10年も、務めれば、相応の不適切な人間関係、等も、有る」のかと、想われ、実際に、訟廷の利用を、行うと、不条理な事務的対応を、体験する、事が、多々に、有った。

 よって、「現行の新司法制度の試験を、経て、無い、裁判官に、『(甲)補修制度を、設けつつ、(乙)裁判官の定年は、60歳を、引き下げ、(丙)任期は、10年だけ』とする、要望の検討を、行う。

 なお、司法の試験は、裁判官だけで、なく、検事、弁護士の資格とも、同等あって、「検事、弁護士の経験を、有さない、裁判官が、今日の不経済性が、生じて、いる」とも、判断するに、至って、いる。

補足
 前年度からの課題(最高裁判所 裁判官の定年と任期の改善に付いて - 平成23年度の進捗/43)。

関する、課題

世情の観察

日本弁護士連合会(公式 Web Site

令和02(皇紀 2680;2020)年 07月13日 現在

  • 日本弁護士連合会 > 私たちの活動 > 司法基盤の整備・拡充 > 弁護士任官の推進(弁護士任官等推進センター)

関する、法律

日本国 憲法(電子的政府

第八十条

 下級裁判所の裁判官は、最高裁判所の指名した者の名簿によつて、内閣でこれを任命する。その裁判官は、任期を十年とし、再任されることができる。但し、法律の定める年齢に達した時には退官する。

二項
 下級裁判所の裁判官は、すべて定期に相当額の報酬を受ける。この報酬は、在任中、これを減額することができない。

裁判所法(電子的政府

公布
 令和元年六月二十六日
改正
 令和元年 法律 第四十四号

第四十条(下級裁判所の裁判官の任免)

 高等裁判所長官、判事、判事補及び簡易裁判所判事は、最高裁判所の指名した者の名簿によつて、内閣でこれを任命する。

二項
 高等裁判所長官の任免は、天皇がこれを認証する。
三項
 第一項の裁判官は、その官に任命された日から十年を経過したときは、その任期を終えるものとし、再任されることができる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-18 (土) 14:26:29 (19d)