国 自衛税の検討

  • ページ: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-06-11 (月) 07:06:43
  • 段階、参照:

趣旨

 本来ならば自衛とは、「自らで衛(まもる)事を意味する」が、現状の国民における事情では、他人や公共機関へと過剰に依存する傾向にあり、文化的発展の足枷(あしかせ)にも成っている。

 そうした事情を補う為に、相応の税枠を設けて予算の確保を行い、『安全、安心、健全性』等を確保する事を目論む。

 その対象機関は、次の通り。

  1. 自衛隊
  2. 警察
  3. 消防
    1. 救命
  4. 防災
    1. 自然的災害

 主に地方自治体で必要とされる資源を確保する事が求められ、『(甲)国税で回収を行い、都道府県へと分配する、(乙)各都道府県が地方税で回収を行う、(丙)予めに自然的災害などが生じる事が解っている地域に限定して、回収を行う』等を前提に、検討を行ってもらう。



トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:42:23 (532d)