国 都心部の災害発生時における交通網確保

  • ページ: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-06-14 (木) 00:17:29
  • 段階、参照:

趣旨

 つまりは、帰宅難民の発生を予測しつつ、それを補填する対策を検討する。

 現状では、各地方のBus会社に協力要請を行うことを可能とする国家体制を整えつつ、関東、及び各地方での首都地域から、帰宅が困難にと陥った人々を、補助する体制を整え有事にと備える。

本案件に付いて

 本案件は、06月13日に別案件で厚生労働省2部署へ問合せを行った時に、丁寧な対応を行われたことに敬意を表する意味で報告書を作成する。

 また、憲法の前文に習い、東京首都圏にて働く労働者が、大規模な災害発生時における帰宅経路の確保を、実現化することを目的にする。

  • 参照
    • 日本国 憲法 前文 一部抜粋
      • 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

補足

 東京大学の地震研究所が(06月12日頃に)発表した内容にと伴い、本案件を緊急性が高いとして早急に着手する。


 既に、だいぶ展開が広まっており、もう少しの間は、観察しようかと、判断している。

  • 調査中

礼意

 以下の担当箇所において、問合せの時に適切な応対が行われたので、公務員を災害
などから擁護(公務活動に対する保障)を国会に促すためにも、確実な効果を目論む。

    • 総務省
    • 厚生労働省
    • 法務省
    • 最高裁判所
      • 東京地方裁判所(立川支部を含む)
  • 東京都

 主に、国家公務員、及び都道府県庁に所属する公務員の安全性確保を目論む。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:42:24 (538d)