国 公務員が、政治、宗教、思想の団体へ加入する事を禁止する案

  • ページ: 平成24年度の進捗
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 低
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2012-06-16 (土) 14:12:41
  • 段階、参照:

趣旨

 汚職、贔屓的転職(俗称では、天下り)などの主な原因の背景には、政治、宗教、学閥などの関係が有ると言われている。

 また公共の窓口でも、政治、宗教などの関係で差別、軽蔑、贔屓なども発生しているのかとも感じられ、それらの観点から、「公務員による、政治、宗教の団体へ加入する事は、不適切である」と判断できる。

 よって、少なからず、政治、宗教の団体における関係で、贔屓的雇用を防ぐ必要が有り、「公務員による政治、宗教の団体へ加入する事は、制限される必要が有る」のかと判断するに至っている。

補足

 十数年前から、司法(警察、検察、裁判所などを含む全司法の機関)、消防の分野で人間関係の工作が生じている事を確認を行っており、自衛隊でも人間関係工作が生じていると判断をするに至っている。

 特徴としては,「従順性が高い職場で生じている」と解っており、民間企業でも生じており、労働事件における『(甲)専ら派遣、(乙)重層的派遣』等を生じさせていた。

 つまりは、汚職の主原因と成っている事が多く、例外なく全種の団体で生じており、むしろ何だかの団体が悪いと言うよりは,「本邦の国民性が悪い事(在日外国人による工作によって人格を操作された場合でも,その攻撃に対する防御性が無い事も含まれる:脆弱性)」が主原因に成っているのかとも思うに至っている。

  • 追記
    1. 平成29年03月12日

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-10 (月) 03:42:23 (543d)