国 民事の訟廷は、20時まで、開廷する、事 - 夜間の開廷

  • 頁名: 日誌/進捗/令和元年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-09-17 (火) 10:12:41
  • 段階、参照:

趣旨

 民事の訟廷を、20時まで、開廷する事を、求める。

目論見
 仕事の帰りに、裁判所へ、寄れる環境を、造る。
裁判所の体制
 昼間と、夜間に、分け、昼間の開廷は、16時迄、夜の分野は、18時から、20時まで程度と、する。
16時から、18時までの間
 職員が、夜間の担当と、昼間の担当とで、調整を、図る、時間帯。
夜間の開廷が、生じる場合に、限る
 夜間の開廷は、相応の事件(原告、被告が、欲する時間帯)が、生じている事が、前提。よって、該当の事件が、生じていない場合は、過剰にと、裁判所の運営を、延長する理由は、無い。
夜食
 夜間帯の担当は、17時から、18時迄に、食事などの休憩を、得られる。
昼間の担当
 基本的には、18時迄には、当日の就業分を、終わらせ、帰宅する。又は、夜間の準備を、手伝う等。
補足
 既に、色々な分野へと、伝えている。

関する、課題

簡易的な要望

 別件の序で、簡易的に、伝えた。

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 - 令和02(皇紀 2680;2020)年03月11日

概要

 「民事の訟廷は、20時程度まで、開廷を、行う、事」を、求める。

補足
 別件の要望で、序に、伝えた、

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-11 (水) 19:11:10 (317d)