最高裁判所 職員が、OJT の意味を、解って、無い

  • 頁名: 日誌/進捗/令和元年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-09-18 (水) 18:28:01
  • 段階、参照:

趣旨

 『 OJT 』とは、『 On-the-Job Training 』の略称と、成るが、その意味合いを、「東京地方裁判所 立川支部の職員は、理解されて、無い」と、判断。

 相応の報告を、最高裁判所へ、行った。

事の原因

 別の事情で、裁判所へと、問い合わせを、行った時に、事務官に、手続きの確認を、行ったが、不明と、成ったので、不信感を、抱いた。

東京地方裁判所 立川支部 民事 事務官 - 令和元(皇紀 2679;2019)年09月18日

 教育は、受けていますが、細かい部分は、教わって、おらず、実務的に、学ぶ、感じです。

概要

 初期の研修時で、訴訟の流れ等を、教育されて、無いのか。

東京地方裁判所 立川支部 民事 主任書記官 - 令和元(皇紀 2679;2019)年09月18日

概要

 事務官への教育は、どのように、行われているのか。

苦情の申立

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 - 令和元(皇紀 2679;2019)年09月18日

概要


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-22 (日) 15:28:08 (485d)