最高裁判所 何だかの公告など

  • 頁名: 日誌/進捗/令和元年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-09-28 (土) 12:09:31
  • 段階、参照:

趣旨

 実は、十年以上も前から、「裁判所に、設置されている、何だかの公告や資料などの管理が、適切に、行われて、無い事」の把握を、行っており、都度に、注意(指導)を、行っていたが、現在に、至っても、改まりが、無い。

 よって、打開案と、共に、再度の業務の改善を、請求する。

簡易的な要望

東京地方裁判所 立川支部 事務局 庶務 第一課 課長 - 令和元(皇紀 2679;2019)年09月27日

 (御意見、ご要望が、有った事を)解りました。

概要

 約十年以上も、前から、指摘を、行っているが、改まりが、無い。

 よって、今回は、打開案を、提案するので、検討を、行われたい。

打開案
 庁舎内に、設置されている、何だかの公告や資料は、民間の業者に、委託を、行って、管理(主に、新旧の入れ替えを)する。
留意
 民間の企業へと、委託する場合には、利害の関係が、生じるので、警戒する必要が、有る。
対処
 東京地方裁判所 立川支部ならば、「立川市役所(自治体)では、『公益社団法人 立川市シルバー人材センター』(公式の Website)が、設置されており、広報紙なども、その人材によって、配布されている。
 よって、競売の形式で、業者を、決めるのでは、無く、『公益社団法人 立川市シルバー人材センター』の起用で、検討を、行われたい。

要望

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 - 令和元(皇紀 2679;2019)年09月30日

(御意見、ご要望が、有った事を)解りました。

概要

(一)
 何だかの公告など、資料の入れ替えは、職員が、行わず、民間に、委託されたい。

(ニ)
 なお、今回の要望で、言う、民間は、『シルバー人材センター』等、公益社団法に、委託を、行われたく、「他の一般的業者には、求めてない」と、解されたい。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-30 (月) 15:55:29 (479d)