国 某国による拉致事件の被害は、その全てが、事実なのか

  • 頁名: 日誌/進捗/令和元年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 重要
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-05-20 (月) 14:24:36
  • 段階、参照:

趣旨

 某国に、拉致されたと主張する事件は、その全てが、事実とは、限らないと、判断するに、至っている。

 また、実際に、『拉致された人』と、認識されている対象者が、国内で、見付かる事例も、有る。

関する、課題

参考

国家

外務省

警察庁

万屋からの資料

万屋 Blog

拉致被害の対象者が、国内で、見付かった、事例 - 報道

令和02(皇紀 2680;2020)年 07月12日 現在

令和02(皇紀 2680;2020)年06月22日 現在

令和元(皇紀 2679;2019)年05月20日 現在

朝鮮民主主義人民共和国の主張

留意
 本邦では、国家と、認めて、無い。

令和02(皇紀 2680;2020)年 07月12日 現在


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-12 (日) 12:57:27 (2d)