宮内庁 訴訟の妨害は、皇室の関係者による、工作か

  • 頁名: 日誌/進捗/令和元年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-10-03 (木) 15:09:48
  • 段階、参照:

趣旨

 平成31、年令和元(皇紀 2679;2019)年度で、東京地方裁判所 立川支部で、生じている、僕と、裁判所の紛争は、過去に、僕が、宮内庁へ、『小和田 恆 君が、国際司法裁判所の判事を、早期(令和の天皇が、即位前)に、退官する事』を、求めた事への報復と、想える。

 よって、確認、苦情の申立など、行う。

 なお、僕は、天皇制(合憲)を、支持する立場に有り、逆に、反天皇制主張者(違憲:非国民的活動者)とは、対立の関係に、有る。

対立の関係
 僕の活動における、中立性の基準は、『()憲法、(乙)他の法規、(丙)文化的な習慣』と、成っており、その基準に、反意を、主張する者とは、対立する。
事例
 違憲な活動は、憲法 第十二条の自由に、含まれない。
西洋的思想の基準
 Freemasonry、Χριστιανισμός(キリスト教)Jehovah's Witnesses(エホバの証人) 等、信仰を、基準とする者は、本邦だと、違憲者に、該当すると、想える。なお、倫理観の基準で、前出の()、(乙)、(丙)に、欠如が、有ると、信仰、思想へと、倫理の基準が、転化される(意識が、操作される:Wikipedia)事も、民の各自で、認識する、必要が、有り、故に、在日外国人、帰化人が、狙われ易く、成っている事情も、解るのかと、想われる。

関連

経緯

 過去に、令和 皇后(当時は、皇太子妃) 雅子 陛下の父親(小和田 恆 君:Wikipedia)が、国際司法裁判所(ICJ:Wikipedia)の判事だった時に、『(あ)経世済民的な戦略性の観点、(い)天皇制反対者達からの論理的な攻撃を、避ける目的』で、早期の退官を、要請するに、至った事が、有る。

なぜ、危険だったのか
 僕の観点(察知)では、国際司法裁判所へ、費やされている、膨大な費用。
財政の問題
 僕が、感知(皇室が、責められる、危険性の予測:仮想的な経済性の戦略における、展開)を、行った段階で、宮内庁へ、報告。令和の天皇が、就任する前に、退官を、日本国の民、その一人と、言う、立場で、求めた。又、「僕が、『将来に、敵対的な立場で、何だかを、主張する可能性が、有る』ので、それを、避けたいが、故の要望」と、伝えていた、記憶が、有る。

報告

宮内庁 長官官房 秘書課 庶務係 そのニ - 令和元(皇紀 2679;2019)年10月04日

 (先の補足と、言う観点で)解りました。

概要 - 補足

 「朝鮮(南北)系などの帰化後(その子孫を、含む)、公務員に、成った者へ、不審感を、抱かせるのが、目的なのか」とも、疑える程の状態。

宮内庁 長官官房 秘書課 庶務係 - 令和元(皇紀 2679;2019)年10月04日

 承承ります。

概要

 秘匿(事の経緯(けいい)を、説明)。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-12 (土) 12:08:26 (57d)