国 公務は、人が、行う事を、過剰に、想わない

  • 頁名: 日誌/進捗/令和元年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-10-15 (火) 14:38:02
  • 段階、参照: 第一の段階

趣旨

 『(あ)人材の不足、(い)業務の効率化』を、想えば、『(ア)業務の電子化、(イ)人工的知能の利用』の活性化が、求められる。

 「特に、多大な情報を、処理、管理する場合には、有効だ」とも、想える。

 更に、公務の負担が、軽減する事が、見込まれるが、相応の費用を、要する。

 よって、『(あ)人材の不足、(い)業務の効率化』の他に、『(う)経費の削減に、繋がるような、(ア)、(イ)』が、求められるので、相応の要望(要請)を、国家に、行う。

 なお、手始めに、広報の分野を、主体に、簡易的な要望を、行う。

簡易的な要望

総務省 行政評価局 行政相談管理官室 - 令和元(皇紀 2679;2019)年10月15日

概要


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-17 (木) 09:08:52 (298d)