国 裁判所の職員が、どのような手口で、民の精神を、害する事を、試みるのか

  • 頁名: 日誌/進捗/令和元年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-10-16 (水) 19:09:35
  • 段階、参照:

趣旨

 これ迄、裁判所の利用を、行っている時に、裁判官、書記官を、含めて、色々な手段を、用いて、僕の精神を、破壊する事を、試みたと、判断。

 その手口を、一つ、一つ、分析する。

手口

強行

書記官

 書記官には、訴訟の指揮権が、無いのに、法定外で、裁判官が、訴訟の指揮を、行った時に、利用者に、抗告権を、与えず、強行を、試みる事が、有る。

解説
 書記官が、「(A)裁判官から、訴訟の指揮に、関する、指示を、受け、(B)それを、利用者に、伝えた場合、(C)その訴訟における指揮で、利用者が、不服の申出が、有れば、(D)それを、裁判官に、伝える、義務が、有る」が、それを、阻害(主に、拒絶)する事が、有る。

裁判官


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-20 (日) 00:50:19 (293d)