国 司法行政文書と、『 ,』

  • 頁名: 日誌/進捗/令和元年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-10-21 (月) 16:02:43
  • 段階、参照:

趣旨

 裁判所から、発行される文面には、主に、『 ,( Comma (かんま))』が、使われるが、その法的な根拠を、確認する。

簡易的な確認(調査)

東京地方裁判所 立川支部 家庭裁判所 - 令和元(皇紀 2679;2019)年10月21日

 司法行政文書の観点から、用いられています。

概要

 裁判所で、『、』(句点)に、『,』が、使われている理由を、把握するに、至っているか。

簡易的な調査

Wikipedia

横書き用読点(引用 令和元(皇紀 2679;2019)年10月21日 現在)
 「第3 書き方について」の注で、公用文を横書きするときに、読点として『,』(コンマ)を使用すると定める
僕の評価
 次時代的な、観点から、「現在では、それ(読点として『,』(コンマ)を、使用すると、定めた事)を、過剰に、維持する理由は、無い」と、判断。

文部科学省

七頁
 第3 書き方について
5 人名・件名の配列は,アイウエオ順とする
 注2. 句読点は,横書きでは「,」および「。」を用いる。

簡易的な要望

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 - 令和元(皇紀 2679;2019)年10月21日

 (ご意見、ご要望が、有った事を、解りました)はい。

概要

 職員には、『 ,』を、使う、根拠を、『(甲)知らない者、(乙)知っている者、(丙)適切に、第三者へ、説明が、行えない者』が、居る。

 (甲)、(丙)の存在は、公務員的に、不適切と、想える。

 また、『 ,』を、使う指針は、昭和27(皇紀 2612;1952)年の事で、当時と、今の事情を、想えば、事情(環境)が、異なっており、必ず、『 ,』を、使う事に、拘る、理由は、無い。

 よって、日本国の民と、言う、観点では、『、』(句点)を、使うように、改める事を、求める。

経過的な観察

報道

令和元(皇紀 2679;2019)年11月17日 現在

関連する課題

公文書等の管理に関する法律(電子的政府

公布
 平成二十八年十一月二十八日
改正
 平成二十八年 法律 第八十九号

第一条(目的)

 この法律は、国及び独立行政法人等の諸活動や歴史的事実の記録である公文書等が、健全な民主主義の根幹を支える国民共有の知的資源として、主権者である国民が主体的に利用し得るものであることにかんがみ、国民主権の理念にのっとり、公文書等の管理に関する基本的事項を定めること等により、行政文書等の適正な管理、歴史公文書等の適切な保存及び利用等を図り、もって行政が適正かつ効率的に運営されるようにするとともに、国及び独立行政法人等の有するその諸活動を現在及び将来の国民に説明する責務が全うされるようにすることを目的とする。


添付ファイル: filekoubun.pdf 3件 [詳細]

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-17 (日) 17:05:58 (26d)