最高裁判所 東京地方裁判所における、不審な人材による、裁判

  • 頁名: 日誌/進捗/令和元年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-11-05 (火) 12:14:03
  • 段階、参照:

趣旨

 既に、訴訟の対象者、並びに、苦情を、出されている者、及び、罷免の請求が、行われている者等によって、第一回 弁論が、開廷された。

事情 - 令和元(皇紀 2679;2019)年11月09日
 法廷内には、僕と、僕から、『提訴、苦情、罷免』等を、提出(申出を、含む)が、行われた、『(A)担当 裁判官、(B)担当 主任書記官、(B)担当 主任書記官(民事 第一部 所属)』の三名で、行われた。
補足 担当 主任書記官(民事 第一部 所属)の存在
 「担当 主任書記官は、『既に、苦情の申立、罷免の請求が、提出されている者』と、成っている」ので、法廷の利用における、不審性から、弁論の当日に、庶務 第一課へと、事情を、伝え、「庶務 第一課の人員から、一名、傍聴席で、警備する事」を、求めていた。その類で、担当 書記官(民事 第一部 所属)が、傍聴席に、居たと、想われる。

 よって、対抗策を、展開する。

関連する事件

  • 令和元年(ワ)第1500号 - 欠陥品の取引、並びに、送料過払い返還請求、及び、侮辱などに、伴う、損害賠償請求

苦情の申立

東京地方裁判所 立川支部 民事 庶務 第一課 - 令和元(皇紀 2679;2019)年11月05日

(ご意見、ご要望が、有った事を)解りました。

概要

(一)
 令和元年(ワ)第1500号の第一回 弁論では、『(A)担当 裁判官、(B)担当 主任書記官、(C)及び、傍聴席に、座っていた、民事 第一部所属 主任書記官が、法廷内に、居た、状態』だった。

 それら、『(A)、(B)、(C)』は、既に、『(a)苦情、(b)罷免』等の申立が、行われている者達だけと、成った。

 事前に、当方が、警備の要望を、行った理由は、『(A)、(B)の不審性から』だったが、『(C)が、加わった事』で、不審感が、増す事態と、成った。

 よって、以後には、『(あ)刑事部、家庭裁判所など、関連性の無い、人材か、(い)庶務課の人材を、配置(傍聴席で、簡易的な警備を、行う事』を、求める。

(ニ)
 新たな、提案で、『簡易的な警備には、民間の警備員を、起用する事』も、検討されたい。

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 - 令和元(皇紀 2679;2019)年11月05日

(ご意見、ご要望が、有った事を、解りました)はい。

概要

(東京地方裁判所 立川支部 民事 庶務 第一課への概要と、同等)


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-09 (土) 09:28:07 (8d)