慰謝料請求 国が、答弁書を、介する形式で、強要を、試みた件

  • 頁名: 日誌/進捗/令和元年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 着手、係争中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-11-17 (日) 12:06:00
  • 段階、参照:

趣旨

 だいぶ前から(十五年以上も、前から)、国が、民へと、表現を、行う、方法で、接遇力が、無い事は、解っており、都度に、注意を、行っているが、改まらない。

留意
 本件では、「法廷内において、国(国家)が、民に、『争う』と、主張する事」に、限定。
補足
 訴状には、『脅迫(きょうはく)』と、記載が、行われているが、『強要』の表現が、適切かと、想われるので、後に、修正を、行う。

 よって、「民へと、国家が、慰謝するべく、理由が、生じている」と、判断するが、故に、慰謝料の請求を、行う。

 なお、本件の訴訟では、言葉の『(あ)使い方、(い)言語的な意味の理解』が、含まれる。

注意
 例えば、『(ア)仏教での梵語、(イ)チベット仏教(Wikipedia)の མ་ཎི་འཁོར་ལོ་(マニコロ)Wikipedia)、(ウ)写経、読経』等からも、解るのかと、想われるが、『(エ)それらの行為と、(オ)その実態的(行為の理由、及び、目的)を、理解する事』が、重要と、想える。
事例
 例えば、(イ)、(ウ)の行為が、有れば、客観的に、「信仰が、強い者」との評価され、同胞(同志:同士を、含む)者に、自費的な心境を、抱く、原因にも、成る。
補足
 仮に、()『(オ)に、欠けると、常に、第三者からの支援を、必要とする性格(隷従的な性格の定着:他力本願)が、定着する危険性が、有り』、()『(オ)を、満たせていれば、自律的にと、困難を、解決する事へと、挑める』が、()『(乙)の立場に、有りつつ、その能力を、他者へと、過剰に、慈悲する事で、専制、隷従が、成り立つような、社会的形成(社会的格差)が、生じる事も、危惧される』ので、真の民主主義的な観点では、(乙)が、求められつつ、その余力で、(丙)の活動が、適度を、に、引き上げる、程度)に、求められる。

関連する事件

訴訟の準備

書類の作成

関連する法規

憲法(電子的政府

昭和二十一年 憲法

前文

 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。

 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

刑法(電子的政府

公布
 平成三十年七月十三日
改正
 平成三十年 法律 第七十二号

第二百二十二条(脅迫)

 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。

二項
 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

第二百二十三条(強要)

 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。

二項
 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
三項
 前二項の罪の未遂は、罰する。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-17 (日) 12:59:26 (20d)