最高裁判所 新規の職員(人材)へ、適切なITの教育

  • 頁名: 日誌/進捗/令和元年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-12-10 (火) 17:02:16
  • 段階、参照:

趣旨

 最高裁判所が、行っている、「新人の研修では、『(A)ITの機器、(B)各種の Soft 、(C)仕組み(機能)』を、十分に、学べて、無い」と、想える。

 また、それらの知識、及び、技能の不足によって、「接遇の効率化を、図れない」とも、判断。

 よって、十分な初期的教育が、行われるように、要望を、行う。

前提

 職場の環境を、確認。

東京地方裁判所 立川支部 民事 第三部 - 令和元(皇紀 2679;2019)年12月10日

 詳細は、秘匿。

概要

 詳細は、秘匿。

補足
 なお、担当の書記官は、不在。
  • 忌避の流れ
    • 次回弁論期日は、変更に、成るのか。
      • 「現在、事件の記録は、『忌避の事件』を、扱っている、担当裁判体に、有る」ので、不明。
    • 被告に、事情は、伝えられているのか。
      • 「現在、事件の記録は、『忌避の事件』を、扱っている、担当裁判体に、有る」ので、不明。
    • 担当裁判体間の連絡は、どのように、行われるのか。
      • [要望] - 電子化など
  • 職員間の連絡
    • 電子化
    • 手引書の更新

要望

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 - 令和元(皇紀 2679;2019)年12月10日

 (ご意見、ご要望が、有った事を)はい、解りました。

概要

 詳細は、秘匿。

  • 新人の研修
  • 業務の効率化
    • ITの関連(扱い方、等)
    • Soft の機能を、向上させる。 - 改良
      • 情報政策課と、相談を、行われたい。
留意
 前出の録音(全容の記録)を、聞かせつつ、それを、要望へと、転化。
補足
 前出の応対者には、「最高裁判所(事務総局 人事局 調査課)へ、何を、伝えるか」は、伝えており、それも、録音されているので、最高裁判所 事務総局 人事局 調査課の応対者が、その録音を、聞けば、「自動(自然)的に、要望も、伝わる」との内容に、成っている。

完了

理由

令和02(皇紀 2680;2020)年07月23日


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-23 (木) 17:16:12 (131d)