最高裁判所 下級裁判所の事務方を、監査する

  • 頁名: 日誌/進捗/令和元年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-12-12 (木) 16:06:52
  • 段階、参照:

趣旨

 これ迄に、東京地方裁判所(霞ヶ関、立川支部*1)における、職員の品質が、不適切な状態で、保たれているのは、「適切な業務の鑑査が、行われて、無いから」と、判断。

 また、「相応の鑑査を、行う部署が、無い」との可能性も、有る。

 よって、「(あ)相応の部署が、『無い』ならば、設置の要請、(い)既に、相応の部署が、『有る』ならば、その鑑査の精度を、高める」ように、求める。

確認、要望

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 - 令和元(皇紀 2679;2019)年12月12日

 当部所では、『該当の部署における、有無』を、お答えする事が、行えません。

 『広報ならば、お答えが、可能』と、想えます。

概要

留意
 別件で、問合せを、行う機会が、有ったので、序に、確認を、行った。

 下級裁判所の事務方を、監査する部署は、有るのか。

 なお、『事務方の精査』とは、「訴訟の手続き、等、事務の精査」で、提起された事件の内容を、精査する事とは、異なる。

最高裁判所 事務総局 広報課 - 令和元(皇紀 2679;2019)年12月12日

(一)
 裁判所法 第八十条に、定めが、有る通り。

補足
 下級裁判所の監督権は、事務方にも、及ぶ。

 また、それ以上の事は、当方の部署で、ご説明を、行って、おりません。

(ニ)
 ご意見として、承りました。  

概要

(一)
 下級裁判所の事務方を、監査する部署は、有るのか。

 なお、『事務方の精査』とは、「訴訟の手続き、等、事務の精査」で、提起された事件の内容を、精査する事とは、異なる。

(ニ)
 「今後は、Website 上で、説明(解説)する頁を、設置する事」の検討を、行われたい。

関する、法規

裁判所法(電子的政府

公布
 令和元年六月二十六日
改正
 令和元年 法律 第四十四号

第八十条(司法行政の監督)

 司法行政の監督権は、左の各号の定めるところによりこれを行う。

一号
 最高裁判所は、最高裁判所の職員並びに下級裁判所及びその職員を監督する。
二号
 各高等裁判所は、その高等裁判所の職員並びに管轄区域内の下級裁判所及びその職員を監督する。
三号
 各地方裁判所は、その地方裁判所の職員並びに管轄区域内の簡易裁判所及びその職員を監督する。
四号
 各家庭裁判所は、その家庭裁判所の職員を監督する。
五号
 第三十七条に規定する簡易裁判所の裁判官は、その簡易裁判所の裁判官以外の職員を監督する。

*1 旧八王子支部を、含む。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-12 (木) 18:46:14 (355d)