最高裁判所 裁判員裁判で、扱う事件は、服役20年以上に、限る

  • 頁名: 日誌/進捗/令和元年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-12-20 (金) 12:07:25
  • 段階、参照:

趣旨

 判決後、裁判員へ、報復(ほうふく)が、生じる、可能性を、避ける為、『服役20年以上の事件に、限り、扱う事』を、求める。

関する、事件

要望

最高裁判所 事務総局 広報課 - 令和元(皇紀 2679;2019)年12月20日

 (他の案件を、含めて、)長く、成って、きておりますのでぇ、今聞いた事に、限りましては、ご意見として、承りましたのでぇ、、、。

概要

 裁判員の裁判では、「検察官の求刑が、『服役が、二十年以上の事件』に、限り、扱う事」を、求める。

理由
 被告が、服役後、裁判員への報復が、発生する事が、懸念される。
補足
 服役が、十年未満では、報復が、発生する可能性が、有るのかと、想われ、その理由に、「裁判員が、報道記者会見を、行う」等の事から、懸念するに、至る。

簡易的な調査

語句 有期刑、無機系

令和元(皇紀 2679;2019)年12月20日


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-30 (火) 17:05:48 (157d)