最高裁判所 刑事の事件では、裁判員の主観を、優先する事

  • 頁名: 日誌/進捗/令和元年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-12-20 (金) 12:34:21
  • 段階、参照:

趣旨

 刑事の裁判では、『検察側の求刑が、主体と、成る』傾向に、有るが、「裁判官は、刑罰を、含め、裁判員の意見を、主体とする事」を、求める。

 また、「裁判官だけで、裁判を、行う場合、判例的な参照は、裁判員裁判の判例を、参考とする事」を、求める。

理由
 裁判官による、『(A)裁判慣れ、(B)学閥、並びに、宗教、思想に、偏った、観点での判決』を、避ける事が、目的。

要望

最高裁判所 事務総局 広報課 - 令和元(皇紀 2679;2019)年12月20日

 (他の案件を、含めて、)長く、成って、きておりますのでぇ、今聞いた事に、限りましては、ご意見として、承りましたのでぇ、、、。

概要

(一)
 裁判員裁判では、検事からの求刑に、拘らず、裁判員の意見を、中心に、審議する事を、求める。

(ニ)
 刑事では、裁判官だけで、裁判が、行われる場合、判例的な参考は、裁判員裁判の判例(事件)を、参考に、されたい。

理由
 裁判官による、『(A)裁判()れ、(B)学閥、並びに、宗教、思想に、偏った、観点での判決』を、避ける事が、目的と、成る。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-20 (金) 12:34:52 (395d)