民事 裁判体が、裁判官、書記官の忌避権を、剥奪

  • 頁名: 日誌/進捗/令和元年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-12-30 (月) 15:53:06
  • 段階、参照:

趣旨

 令和元年(モ)第219号で、『(A)担当の書記官は、事前に、裁判体の紹介を、行わず、(B)僕が、担当裁判官、担当書記官の忌避を、行う、事を、工作的に、剥奪を、働いた』と、判断。

 別事件と、同等に、本件も、慰謝料の請求を、行う。

 なお、「(a)本件の対応を、行った、主任書記官は、別事件でも、『(弌)罷免の請求、(弐)慰謝料請求』、等で、訴えられている者で、(b)担当裁判官の中にも、職権の濫用、等を、働いた者が、含まれて、いる。

 なお、本件の関連から、「民の精神を、害する事、等の工作性が、有る」と、暫定(ざんてい)、及び、『組織的な活動』とも、判断するに、至りつつも、外でも、行われている可能性を、疑うにも、至る。

関する、事件


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-30 (月) 16:03:56 (337d)