国土交通省 高速道路の一部に、自動運転専用の車線を、設置する事を、求める

  • 頁名: 日誌/進捗/令和元年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-05-31 (日) 01:58:19
  • 段階、参照: 二回目の転記

趣旨

前提
 本件の課題は、『(甲)『経済 仮想現実的 自動車 - 日誌/進捗/平成28年度/14』で、要望を、行い、『(乙)国 車両の自動運転化 - 日誌/進捗/令和02年度/101』に、転記を、行ったが、『(丙)改めて、単体で、課題枠の設置』を、行い、内容の転記を、行って、いる。

 高速道路の一部に、自動運転専用車線の設置を、行う、事を、求めた。

要望

国土交通省 道路局 高速道路課 - 令和元(皇紀 2679;2019)年10月08日

(一)
 有りません。

ご意見、ご要望が、有った事
 解りました。
補足
 高速道路では、(主に、貨物車による)縦列の走行が、検討されています。

(ニ)
 自動車の自動運転は、『道路局 道路交通管理課』で、扱っています。 

補足
 「国土交通省の Web Site 等から、『自動運転』で、検索を、行って、頂ければ、関連の頁、及び、資料等が、表示される」と、想われますので、参考に、されて、下さい。

概要

(一)
 高速道路において、自動運転用の車線は、設けられているのか。

要望
 設置の検討を、行われたい。
解説
 本邦に限らず、世界中の経世済民的(経済的)な事情から、本邦で、試すのが、適当かと、想われる。
補足
 他国だと、「労働者からの反発が、懸念されている」ので、『(A)少子化、(B)人材の不足』と、言う、観点から、想えば、本邦で、実験を、行うのが、適当と、想える。
縦列の走行
 昔から、試されている事を、知っているが、現在に、至っても、可能と、成って、無い。
対策
 『(甲)電波(GPS、車間を、図る装置等を、含む)、(乙)映像的な認識』が、広く、一般的にも、知られており、既に、『(あ)乗用車での縦列駐車、(い)後方の確認、(う)車両の周辺における、物体の検知(けんち)、(え)現在地の確認、(お)自動的減速』等が、導入されており、その外で、『(か)自動二輪車で、運転手が、操縦器(そうじゅうき)から、手を、離す状態と、成っても、車両が、横転する事が、無い、装置』も、開発されている時代を、迎えている。
 今回の件では、(甲)、(乙)の部分を、補強する観点から、『(丙)線路の設置』を、提案する事を、加える。
(丙)線路の設置
 従来の(甲)、(乙)では、欠点が、有る。
 そこで、『磁力の線』等を、線路の代わりに、設置する事で、(甲)、(乙)の欠点を、補う(精度を、高める)事を、提案する。
『(甲)電波(GPS、車間を、図る装置等を、含む)』の欠点
 太陽風など、太陽の活動に、影響される事が、有る。
『(乙)映像的な認識』の欠点
 撮影する部分が、汚れたりする事で、誤認する等。

(ニ)
 国土交通省の内部に、『自動車の自動的運転を、担当する部署』は、在るのか。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-31 (日) 02:09:31 (154d)