国 祖国を、裏切り、本邦をも、裏切るような在日系似非 Christianity の排除

  • 頁名: 日誌/進捗/令和元年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-06-02 (日) 13:29:35
  • 段階、参照:

趣旨

 本邦の憲法における、前文に、照らせば、違憲と、成る、活動を、行う、西洋の思想に、Christianity(きりすと教) が、有るが、その背景(実質的)には、Free Masonry の構成員も、関与を、行っていると、想える。

 観察では、在日系の Christianity(きりすと教) は、本邦の文化(憲法、各法律、習慣など)を、逸脱する事が、多いと、判断。

在日系
 基礎(義務)的教育を、経てない人材は、『思想の植え付け』(意識の操作)を、行い、易いと、想われる。
催眠術、暗示(自己的暗示を、含む)と、同じ
 オウム心理教や、現在でも、他の宗教などでも、用いられていると、想われる、催眠、暗示(自己的暗示を、含む)では、『心理的行動』が、問題視される。
基礎的な防御力(主に、情報の処理的能力)に、欠けている
 本邦の義務的な教育を、受けてない場合、心情的に、「何の為に、生きているのか」との部分が、空白に成った時に、自滅(消滅)を、想うのが、『論理的(うつ)病の状態』と、成るが、その時に、「威力で、対抗する意識を、植え付け、特定の者を、敵視する事で、有り余った、力を、敵の破壊に、向けさせる工作」が、有ると、判断。その形成は、本邦だと、似非な左右翼、中核派、赤軍などが、有り、海外では、القاعدة‎(アルカイダ)Wikipedia)等、似非な民主による、工作が、見られつつ、『 Christianity の好敵』と、成っている。
善悪の観点
 『神に、許されれば』(本邦の文化的観点では、裁判で、有罪に、成らなければ、「正義の行動だった」(神の加護が、有った)と、思い込んでいるような人、及び、それの為に、支援を、行う者達)との観点(存在)が、脅威に、成っている。
在日外国人を、土台に、使う
 Botnet(Wikipedia)と、同じく、精神面で、脆弱性が、多い人が、狙われると、判断。
宗教や、集団を、介する形式で、取り込まれる
 知性が、高い人材でも、『(A)過剰な、専制の意識を有する者』( Master 型)や、『(B)Communication(コミュニケーション) 障害で、隷従の意識が、有る者』( Slave 型)が、取り込まれるとも、判断。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-02 (日) 13:42:09 (599d)