警察庁 逮捕の方法

  • 頁名: 日誌/進捗/令和元年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-06-05 (水) 11:00:58
  • 段階、参照:

趣旨

 以前から、警察官に、抑え込まれた、容疑者が、胸骨の圧迫などにより、死亡する事例が、生じている。

 よって、危険な方法での逮捕に、変わる手段を、提案する。

 なお、業務上過失致死が、問われた判例が、有るのかは、不明。

事件例

+  YouTube

調査 - 戦術

合気道

電気的な刺激 - 非推奨

 電気的な刺激によって、行動を、制圧する方法も、有るが、推奨を、行わない。

理由
 薬物の乱用者、飲酒など、『心臓』に、負担が、生じている状態で、電気的な刺激は、心肺の停止を、生じさせる事が、有る。
留意
 「制圧の対象が、『(A)薬物の乱用者、(B)飲酒、(C)その他』の理由で、心臓への負担(圧迫など)を、生じさせる事を、避けるべく、事情が、生じているか」の判断は、初期に、解り、難いと、想われる。
戦略(戦術)
 制圧の対象における身体の状況が、解らない場合などを、想えば、基本的には、『(a)胸骨、(b)頸動脈(けいどうみゃく)、(C)外の動脈』を、圧迫する事は、避ける必要が、有るのかと想われる。

世情の観察

米国

令和02(皇紀 2680;2020)年06月11日 現在

 警察官が、『(A)危険な押さえ込みを、行い、(B)逮捕者(黒人)を、死亡させ、(C)後に、大多数の民衆による、抗議の運動が、生じて、暴徒化』との事態に、至った、事件例。

+  YouTube

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-11 (木) 11:38:57 (230d)