国 訴訟費用等の負担の額を定める処分

  • 頁名: 日誌/進捗/令和元年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/訴訟
  • 投稿日: 2019-05-07 (火) 10:34:31
  • 段階、参照:

趣旨

(編集中)

関する、法規

民事訴訟法(電子的政府

平成二十九年六月二日公布(平成二十九年法律第四十五号)改正

第七十一条(訴訟費用額の確定手続)

 訴訟費用の負担の額は、その負担の裁判が執行力を生じた後に、申立てにより、第一審裁判所の裁判所書記官が定める。

二項
 前項の場合において、当事者双方が訴訟費用を負担するときは、最高裁判所規則で定める場合を除き、各当事者の負担すべき費用は、その対当額について相殺があったものとみなす。
三項
 第一項の申立てに関する処分は、相当と認める方法で告知することによって、その効力を生ずる。
四項
 前項の処分に対する異議の申立ては、その告知を受けた日から一週間の不変期間内にしなければならない。
五項
 前項の異議の申立ては、執行停止の効力を有する。
六項
 裁判所は、第一項の規定による額を定める処分に対する異議の申立てを理由があると認める場合において、訴訟費用の負担の額を定めるべきときは、自らその額を定めなければならない。
七項
 第四項の異議の申立てについての決定に対しては、即時抗告をすることができる。

民事訴訟規則(最高裁判所)

第二十六条(費用額の確定処分の方式・法第七十一条等)

 訴訟費用等の負担の額を定める処分は、これを記載した書面を作成し、その書面に処分をした裁判所書記官が記名押印してしなければならない。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-05-07 (火) 10:43:46 (628d)