国 不適切な日本文を、民に、表現させる工作

  • 頁名: 日誌/進捗/令和元年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-07-03 (水) 14:09:35
  • 段階、参照:

趣旨

 本邦は、英語など、外国語の優位性を、図る目的で、民に、日本語の表現を、不適切な(主に、醜く、読み難い)表現を、推奨する傾向に、有ると、判断。

 その背景に、Χριστιανισμός(キリスト教)(実質的には、似非な宗教)を、前衛とする、Freemasonry(フリーメイソン) の構成員による、工作性を、疑うにも、至っている。

文の表現
 本邦では、元来だと、漢字が、主体で、そこから、『(あ)ひらがな』、『(い)かたかな』が、派生するに、至っている。
英語との違い
 英語は、基本的に、単語で、形成され、単語と、単語には、を、設置する。
漢文
 本邦の歴史的な観点で言う、古来の漢文では、記号が、補助的に、用いられる事も、有るが、現在では、漢字だけで、表現を、行う事は、『(弌)適切性』や『(弐)異常な拘り』が、生じて無い限りは、『ひらがな』と、混合で、表現される。
句読点を、適切に、示すと、否定される
 だいぶ前から、解っっていた、部分で、『読み難い、醜い』等と、否定され、再編集される事が、『(A)Yahoo!NEWS TopicsEditor、(B)Wikipedia Editor』でも、生じていた。

 「英語は、解り易く、日本語(ひらがな、カタカナ)は、醜い、読み難い」との観点は、表見上だと、英語に、有利と、想えるが、本邦では、圧倒的に、Freemasonry、Χριστιανισμός 等が、有利に、成るだけに、留まらず、主に、在日などが、有利に、成ると、判断。

 そのような、Mind control(Wikipedia)的な苦痛を与える、洗脳(Wikipedia)の工作は、オウム真理教で、用いられていた事(例えば、「煮え湯を、飲まされる」との諺に、基づいたと、想われる、修行と、称する、「高温の液体を、飲まされる」等が、生じていた)が、広く、知られており、他の宗教でも、「悪魔、悪霊に、取り憑かれた。動物の霊に、取り憑かれた」等と称する形式で、何だかの苦痛を、与えて、洗脳を、試みつつ、挙句の果に、お祓い料まで、払っている、愚かな本邦の民や、外国人(及び、その子孫)も、居ると、判断。

 また、日本国の文化や、言葉を、用いて、その印象を、悪くする事件も、生じている。

事例

 人にとって、言葉は、「意識、行動を、誘発する道具」にも、成る事が、解っている。

 故に、Wikipedia 等の編集的な争いでは、戦略、工作など、活字だけでも、『色々な流れ』(経緯)が、確認を、行える。

 また、軍事的な争いにも、類似する部分が、有るが、「編集者の『編集の履歴』や、編集の内容を、確認する」と、性格や目的なども、解ってくる事が、有る。

補足
 近年では、情報の戦略(意識的操作の合戦)が、重要視されると、言われており、あらゆる感覚から、「人(主に、他人:大衆)の意識的な操作を、行う事が、展開されている」が、本邦では、主に、報道や雑誌を、媒介に、展開されていたが、Wikipedia 等、「大多数が、利用する、基礎的情報が、狙われ易い事が、解っている」ので、注意が、必要。
留意
 本邦では、大衆の意識的操作に、古来から、新聞、掲示板が、用いられていた事でも、知られている。

Wikipedia

 僕の記載が、再編集された事例。

令和元(皇紀 2679;2019)年07月04日

 『皇紀』が、頁から、削除された、事例。

 句読点などを、指摘され、それ(句読点)が、削除された、事例。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-04 (木) 12:07:14 (573d)