国 書記官が、法を、前提に、説明を、行えない件

  • 頁名: 日誌/進捗/令和元年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/訴訟
  • 投稿日: 2019-07-10 (水) 22:03:54
  • 段階、参照:

趣旨

 東京地方裁判所 立川支部 民事 第一部の主任書記官は、法に、基づく説明が、行えず、外にも、多数の違法な行為を、確認。

 東京地方裁判所 立川支部 民事 第二部の主任書記官に、再確認を、行ったが、適切にと、法を、前提に、説明が、行われた。

 よって、『(A)書記官の能力により、差が、生じている事が、明らかに、成り、(B)外にも、多くの違法な行為を、確認するに、至っている』のだから、侮辱を、被ったと、判断するに、至り、慰謝料請求を、行う。

提訴の準備

書類の作成

保留

報告

 本件の課題は、「事件が提起された後、該当の部署へ、連絡する」と、伝えていたので、その報告を、行う。

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 - 令和元(皇紀 2679;2019)年08月06日

 解りました。

概要

 以前から、伝えていた事件が、提起されたので、『(一)提起された裁判所、(ニ)事件の番号、(三)事件の種別』を、伝える。

(一)提起された裁判所
 東京地方裁判所 立川支部 民事
(ニ)事件の番号
 令和元年(ワ)第1734号
(三)事件の種別
 慰謝料請求事件

 よって、諸事情を、上官、局長へと、伝えられたい。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-06 (火) 14:37:17 (104d)