国 三代前の国籍が、不明な民が、増えている

  • 頁名: 日誌/進捗/令和元年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 提案、観察
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-07-17 (水) 17:56:53
  • 段階、参照:

趣旨

 以前から、公務員に、在日外国人による繁殖の説明で、「三代前の祖先における国籍が、不明な民が、増えている」と、説明を、行う事が、有った。

 よって、「本邦の国民が、血筋の事情を、どの程度まで、解っているのか」を、確認する。

 なお、本課題では、米国でも、取り上げている問題を、前提に、観察を、行う。

補足
 国際的にも、米国は、「白人が、黒人の奴隷などを、引き連れて、原住民から、土地を、奪う形式で、開拓を、行った」と、言う事は、世界史で、習うのかと、想われる。
追記
 その応用で、現在の本邦では、主に、『在日外国人、その二世や子孫、間の子』等が、多く、居ると、想われる、Freemasonry によって、『 élite(エリート) 優位性』が、図られているとも、想われつつ、それが、始まったのは、明治維新の頃からとも、想われる。
僕の家系
 僕の国籍は、日本国。
両親
 共に、国籍は、日本国。
父方の祖父母
 国籍は、不明。祖父の名前は、『芳松』、祖母は、『たね』(平仮名)。
母方の祖父母
 国籍は、不明。祖父の名前は、『(みのる)』(『実』の旧字体)、祖母は、『久子(ひさこ)』。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-17 (水) 18:27:18 (383d)