国 竹島の問題

  • 頁名: 日誌/進捗/令和元年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-07-23 (火) 16:43:25
  • 段階、参照:

趣旨

 第二次世界大戦後から、本邦が、二国(関係)間の外、「(A)国際連合議会(Wikipedia)、(B)全ASIA(外務省Wikipedia) 諸国」による、公式な議会の場において、「領土の主張が、行われていたのか」を、確認する。

 仮に、本邦が、「第二次世界大戦後、『(A)、(B)』の場において、領土の主張が、無い」との場合には、本邦の民法 第百九十条(又は、第百六十ニ条)に、伴い、長年の放置から、放棄された」と、解せる。

 よって、日本国の民、その一人と、言う観点から、外務省へと、確認を、行う。

補足
 「大韓民国の軍隊に付いては、『日系(元)Freemasonry の構成員が、関与(支援)を、行っていた』と、公に、成っている」ので、工作性を、疑う。
追記
 令和元(皇紀 2679;2019)年06月25日には、本邦に設置された、De Molay(Wikipedia)等、100周年の式典が、行われている。
留意
 同年は、大韓民国臨時政府(Wikipedia)の建国、100週年にも、該当する。
注意
 令和元(皇紀 2679;2019)年から、100年前は、皇紀 2579(西暦1919:Wikipedia)年に、該当する。

確認、要望

外務省 アジア大洋州局 北東アジア 第一課 - 令和元(皇紀 2679;2019)年07月23日

(一)
 現在、担当者が、会議中で、確認を、行なえません。

(ニ)
 畏まりました。

概要

(一)
 事件の発生に、伴い、竹島に、関連する頁を、見ていたが、

 本邦が、第二次世界大戦後、『(A)国際連合議会、(B)全ASIA諸国での会議』において、「竹島は、本邦の領土」と、主張を、行った記録、又は、その関連での情報が、記載されて、無いように、想える。

 よって、「本邦は、(A)または、(B)において、『竹島は、本邦の領土だ』と、主張を、行った事が、有るのか」を、確認する。

 なお、以後において、Website の関連頁に、情報の記載を、行う事を、検討されたい。

(ニ)
 仮に、「(一)において、主張が、無かった場合は、本邦の民法 第百九十条(又は、第百六十ニ条)に、照らせば、大韓民国に、領土の習得を、国内法の倫理的な観点から、認める理由が、生じる」(程に、愚かな国家:愚かな本邦)と、認識する必要も、生じる。

解説
 つまり、「(弌)仮に、本邦の領土と、国際的に、認められても、民法の観点を、類推されたら、合理的な占拠が、国際的に、認められる可能性が、有り、(弐)実質的な管理が、本邦で、行われておらず、大韓民国により、実行的支配(Wikipedia)が、行われている状況下では、本邦の領土と、法律的倫理(論理)から、認め難く、成る」と、日本国の民、その一人と、言う観点で、そう評価するに、至っている。

 よって、(「現実的には、放棄されている」のと、同等)なので、「最悪の場合、竹島を、放棄する事の検討」等、戦略の再検討を、行われたい。

 なお、「本件の要望は、アジア大洋州局 局長 宛の要望と、成る」ので、その旨を、上官へと、伝えられたい。

反省

日本国の民、その一人と、言う立場で

令和元(皇紀 2679;2019)年07月23日 現在

 第一次、二次世界大戦における、本邦の軍事的な犠牲者(の御霊)には、本件の事態を、 申訳が、無く、想う。

 また、日本国の民、その一人と言う立場で、「愚かさを、痛感させられた」にも、至り、情け無く、想うにも、至る。

 本心から、御免なさい。

留意
 日本語の仕掛けを、下記で、説目する。
御免なさい
 日本語の観点では、「身分の低い者が、上位の者に、『御免、なさい』(「御免を、行え」)と、命令するにも、値する表現で、有りながら、慰謝(気持ちを、受け止める)と、解されている(ある意味で、矛盾する)、仲裁の氏神的な(ことわざ)(でも、有って、事技でも、有る)に、該当すると、想える。
釈明
 本節の僕による、主張は、「戦争犠牲者の御霊も、僕と、同じく、反省を、行え」(御霊も、含めて、努力の不足だ)と、供養を、兼ねて、(反省)想うに、至った、次第での主張に、成りつつ、心情的に、涙する(哀れむ)にも、至る。

関する、法規

民法(電子的政府

公布
 平成三十年七月十三日
改正
 平成三十年 法律 第七十二号

第百六十二条(所有権の取得時効)

 二十年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その所有権を取得する。

二項
 十年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その占有の開始の時に、善意であり、かつ、過失がなかったときは、その所有権を取得する。

第百六十三条(所有権以外の財産権の取得時効)

 所有権以外の財産権を、自己のためにする意思をもって、平穏に、かつ、公然と行使する者は、前条の区別に従い二十年又は十年を経過した後、その権利を取得する。

第百六十四条(占有の中止等による取得時効の中断)

 第百六十二条の規定による時効は、占有者が任意にその占有を中止し、又は他人によってその占有を奪われたときは、中断する。

第百九十条(悪意の占有者による果実の返還等)

 悪意の占有者は、果実を返還し、かつ、既に消費し、過失によって損傷し、又は収取を怠った果実の代価を償還する義務を負う。

二項
 前項の規定は、暴行若しくは強迫又は隠匿によって占有をしている者について準用する。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-25 (木) 20:06:51 (544d)