法務省 主管する法規の鑑査を、請求

  • 頁名: 日誌/進捗/令和元年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-07-30 (火) 15:25:07
  • 段階、参照:

趣旨

 法務省は、『(A)民事訴訟法、(B)民事訴訟費用などに関する法律』の設定を、行っておきながら、「裁判所職員の公務上で、どのような影響が、生じるのか、定期的な鑑査を、行って、無い」と、判断。

 よって、法の設置によって、生じる、公務への影響を、鑑査(評価を、行い、必要ならば、条文の追加、削除、改正)する事を、求める。

 なお、『(甲)今時代では、業務(公務)用の Software が、導入されている事が、多いので、(乙)新たな法の改正を、行うよりも、(丙)Software の機能を、向上させる事で、現場へと、反映される迄の時間を、短縮する事が、行える事Critical Path(クリティカル パス)Wikipedia)が、見込まれる』ので、過剰に、改正を、行う事は、求めない。

要望

法務省 民事局 司法法制部 司法法制課 第二係 - 令和元(皇紀 2679;2019)年07月30日

 (御意見、ご要望が、有った事を)解りました。

概要

(一)
 『(A)民事訴訟法、(B)民事訴訟費用などに関する法律』の施行(改正)後、定期的に、裁判所側へと、法(条文を、含む:主に、条文)の施行により、生じる、公務上の負担、利便性の問題など、質問的調査(Enquête(アンケート)Wikipedia)を、行われたい。

解説
 「法の施行によって、裁判所の公務に、負担が、生じて、無い事」を、確認されたい
留意
 『(A)民事訴訟法』の主管局は、『民事局 参事官室』と、成るので、その部署とも、協議を、行われ、検討されたい。
補足
 同時に、『大衆的な意見を、求める事』も、検討されたく、仮に、裁判所の職員など、特定の公務員による、『意見、評価』への協力が、判った場合には、その協力者に、限って、2000円程度で、賞与の増額を、検討されたい。
2000円程度の根拠
 本邦では、各省庁において、国政モニター制度(Wikipedia)の設置が、行われており、僕も、過去に、その幾つかに、参加を、行っている経験から、報奨を、想い付いた*1、次第。
方法
 法務省(主管)側で、Website 上に、相応の頁を、設置後、『参加者が、最後まで、適切に、回答を、行った場合に、限って、専用の番号を、付与』、それを、裁判所の職員が、入手するに、至った時は、その番号を、専用の窓口へ、申告する事で、報奨の対象に、成る。

(ニ)
 仮に、不具合な部分が、生じている場合には、「(あ)Software 的な改善を、裁判所側へと、請求する、(い)『(あ)』が、不可能な場合に、限り、法(条文)の改正を、検討する」との順序で、再検討を、行われたい。

(三)
 なお、本件は、最高裁判所側にも、同等の事を、伝えるので、双方(『(ア)立法側、(イ)従事側』)で、協議されたく、『本案は、『民事局 局長 宛』で、要望が、有った」と、解されたい。

補足
 裁判所側で、Software の導入を、検討する場合には、予算を、必要とするので、それらの(立法と、予算の)関係を、協議されたい。

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 - 令和元(皇紀 2679;2019)年07月30日

 (御意見、ご要望が、有った事を)解りました。

概要

(一)
 法務省 民事局 司法法制部 司法法制課 第二係へ、伝えた内容『(一)』と、同じ。

(ニ)
 仮に、不具合な部分が、生じている場合には、「(あ)Software 的な改善を、検討する、(い)『(あ)』が、不可能な場合に、限り、法(条文)の改正を、法務省へと、求める」との順序で、検討を、行われたい。

(三)
 なお、本件は、既に、「法務省 民事局 司法法制部 司法法制課 第二係』へ、同等の内容を、伝えており、双方(『(ア)立法側、(イ)従事側』)で、協議されたく、『本案は、『事務総局 局長 宛』で、要望が、有った」と、解されたい。

補足
 裁判所側で、Software の導入を、検討する場合には、予算を、必要とするので、それら(立法と、予算の)関係を、協議されたい。

*1 実は、対話中に、想い付いた。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-21 (水) 12:09:47 (109d)