国 裁判所における、速記官の採用

  • 頁名: 日誌/進捗/令和元年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-08-06 (火) 14:24:03
  • 段階、参照:

趣旨

 過去の課題で、新規の雇入れを、止めるように、求めていたが、『裁判所法 第六十条の二』には、速記官の設置が、記載されている。

 よって、再確認を、行う。

関連する課題

確認

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 - 令和元(皇紀 2679;2019)年08月06日

(一)、(ニ)
 当部署では、解からないので、答えられません。

概要

(一)
 「速記官は、新規の採用を、二年前に、止めている」との認識が、有る。

 ところが、『裁判所法 第六十条のニ』に、速記官設置の条文が、記載されている。

 よって、「速記官の採用が、再開されたのか」を、明確に、されたい。

(ニ)
 裁判所法を、主管する部署は、どこか

最高裁判所 事務総局 広報課 - 令和元(皇紀 2679;2019)年08月06日

(一)
 採用の募集は、行われて、おりません。

 詳細は、裁判所の Website に、有りますので、参照されて、下さい。

甲、乙
 裁判所で、行って、おります。
補足
 それ以上は、お答え、出来ません。

(ニ)
 「当部署で、答えるべき、質問では、無い」と、想われますので、お答えを、致しません。

(三)
 御意見を、承りました。

概要

(一)
(最高裁判所 事務総局 人事局 調査課へ、問い合わせを、行った、内容と、同じ)

 職員の採用は、各裁判所で、行われているのか。
 それとも、最高裁判所で、行われているのか。

(ニ)
 裁判所法を、主管する部署は、どこか

(三)
 『(甲)Website 上に、記載されている頁への誘導が、覚束無い、(乙)採用の関連における各頁は、不明瞭な部分が、有る、(丙)Link の項目が、不適切に、想える』等、改められたい。

補足

 『(a)Website の説明、(b)応対の背後から、他者が、大声で、笑い声を、聴かせる』等の問題も、生じているので、告発を、行った。

関連する法規

裁判所法(電子的政府

公布
 平成二十九年六月二十一日
改正
平成二十九年 法律 第六十七号

第六十条の二(裁判所速記官)

 各裁判所に裁判所速記官を置く。

二項
 裁判所速記官は、裁判所の事件に関する速記及びこれに関する事務を掌る。
三項
 裁判所速記官は、その職務を行うについては、裁判官の命令に従う。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-10 (土) 15:25:24 (122d)