国 PDF、及び、電子的な資料の出処と、成る頁が、不明

  • 頁名: 日誌/進捗/令和元年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-08-16 (金) 14:37:48
  • 段階、参照:

趣旨

 大手の検索で、PDF 及び、電子的な資料が、直接の URL で、検索される事が、有り、『(A)何の目的で、作成され、(B)何に、用いられた(用いられる)資料なのか』が、不明で、『(C)資料に関する、説明の頁が、無い』(又は、辿り着けない)との事も、多い。

 よって、安全性の事情を、含めて、『資料へと、直接に、接続する事を、避ける仕組みを、設置する事』を、求める。

関連する課題

要望(確認、注意:警告を、兼ねる)

最高裁判所 事務総局 広報課 - 令和元(皇紀 2679;2019)年08月16日

 (詳細の説明中)っあ、はい、理解りましたから、、、。(以後、応対の拒絶)

概要

 大手の検索で、色々な資料を、調べている時に、PDF へと、直接に、接続する資料が、多く、有る事を、確認。

 (A)何の為に、作成された資料なのか、解り難いだけに、留まらず、(B)資料を、紹介する頁へと、辿り着け、無い、(C)又は、相応の頁が、無く、資料だけが、設置されている可能性も、有る。

 よって、「(a)資料の管理を、行う者すらも、人事的な異動によって、将来に、忘れ去られた資料と、成り、得る」と、想える状況は、不適切なのだから、改められたく、(b)基本的に、資料へと、直接に、接続する事を、避ける設定を、行われたく、(c)その関係から、資料に関する説明の頁を、造り、その頁を、経て、資料へと、接続する仕組みを、設置する事」を、検討されたい。

 なお、「(あ)資料を、紹介する頁を、前提に、(い)資料への接続を、行うのが、一般的」で、資料へと、直接に、接続を、行える状態は、安全面からも、色々な観点から、問題視されている事に、留意されたい。

※ 補足(途中で、説明を、拒絶された)
 資料とは、『画像、計算表、文面、動画』等で、
YouTube への参加(番組の設置)
 嘗て、最高裁判所 人事局 調査課へ、推奨する事も、有ったが、現在は、既に、番組が、有る等の事情を、説明。
※ YouTube への参加に、基づいて(説明は、行われてない)。
 裁判員制度の動画を、含め、Websiteto 上で、動画を、公開する事から、YouTube での公開に、移行する事の検討を、求める等の思惑(おもわく)が、有った。

応対を、拒絶された事への対処

 即時に、人事局 調査課へと、告発を、行った。

補足
 収録された、音声を、そのまま応対者に、聞いて、もらう事で、対処。
追加の説明
 不十分と、成った、説明の部分を、応対者の代替的に、伝えた。

忠告

 別件で、苦情の申立を、行った、序に、忠告を、行った。

総務省 行政評価局 行政相談管理官室 - 令和元(皇紀 2679;2019)年11月07日

(一)、(ニ)、(三)  (ご意見、ご要望が、有った事を)解りました。

 同部署にて、各情報を、共有させて、頂きます。  

概要

(一)
 「 PDF、他の電子的な資料(情報)は、大手の検索 Site へと、情報の回収を、Web Site 運営者による、設定で、拒める」ので、検討を、行われたい。

理由
 元の頁が、不明と、成る事が、多い。
防犯上
 偽の頁から、資料に、悪意の有る、Macro が、組まれる危険性など、防犯上の観点からも、「資料へと、直接に、接続する傾向を、避ける」との事が、求められる。

 よって、頁と、資料の有り方を、再検討されたい。

(ニ)
 本請求は、総務省に、限らず、全省庁(特に、厚生労働省など)でも、同等の改善を、検討されたく、苦情の申立てを、行った、次第。

(三)
 なお、本内容は、他の省庁が、含まれるので、『局長 宛の要望』と、上官には、伝えられたい。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-07 (木) 20:03:55 (9d)