国 国が、答弁書を、介する形式で、侮辱を、試みた件

  • 頁名: 日誌/進捗/令和元年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/訴訟
  • 投稿日: 2019-08-20 (火) 21:45:31
  • 段階、参照:

趣旨

 国は、令和元年(ワ)第1107号 において、「(A)理由も、無く、(B)原告の請求を、棄却、(C)訴訟の費用は、原告の負担とする事」を、答弁書で、主張を、行った。

 「論理的に、相応の理由が、明確に、成ってこそ、(B)、(C)の主張を、行うのが、物事の道理と、想える」が、それが、無く、非道な主張と、日本国の民、その一人と、言う観点で、受け留めつつ、「侮辱を、被った」とも、判断。

 よって、(あ)非道な形式で、答弁書を、介する形式で、主張を、行った事に、、精神病質性も、感じる事から、(い)慰謝料請求を、行う。

 なお、「業務的な習慣上から、『公然と、一律で、定番の主張』と、成っている」のであれば、法務省 訟務部へ、不審性(国家公務員法 第九十九条の違反)を、思うにも、至る。

本課題で、対象の事件と、課題

訴訟の準備

書面の作成

関連する法規

国家公務員法(電子的政府

公布
 平成二十七年九月十一日
改正
 平成二十七年 法律 第六十六号

第九十六条(服務の根本基準)

 すべて職員は、国民全体の奉仕者として、公共の利益のために勤務し、且つ、職務の遂行に当つては、全力を挙げてこれに専念しなければならない。

二項
 前項に規定する根本基準の実施に関し必要な事項は、この法律又は国家公務員倫理法に定めるものを除いては、人事院規則でこれを定める。

第九十七条(服務の宣誓)

 職員は、政令の定めるところにより、服務の宣誓をしなければならない。

第九十八条

 職員は、その職務を遂行するについて、法令に従い、且つ、上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。

二項
 職員は、政府が代表する使用者としての公衆に対して同盟罷業、怠業その他の争議行為をなし、又は政府の活動能率を低下させる怠業的行為をしてはならない。又、何人も、このような違法な行為を企て、又はその遂行を共謀し、そそのかし、若しくはあおつてはならない。
三項
 職員で同盟罷業その他前項の規定に違反する行為をした者は、その行為の開始とともに、国に対し、法令に基いて保有する任命又は雇用上の権利をもつて、対抗することができない。

第九十九条(信用失墜行為の禁止)

 職員は、その官職の信用を傷つけ、又は官職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-29 (日) 17:05:45 (15d)