立川市役所 市長の選挙と、関連する工作

  • 頁名: 日誌/進捗/令和元年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-09-02 (月) 23:08:17
  • 段階、参照:

趣旨

 立候補者の二名は、共に、Freemasonry の関係者(脱会を、含む)と、想える。

 よって、「何を、企んでいるのか」を、把握する、必要が、有る。

事件

広報課による、事務(立広聴の書式)的な事故

 「広報の活動は、組織的本体への印象にも、影響する」ので、その品質が、問われるが、選挙を、目前に、(工作性を、疑う程の)劣化を、確認。

警戒
 多摩の地域では、「人の精神を、害する事」は、極普通に、発生する地域で、その背景には、宗教、思想に、基づくと、判断するにも、至っている。
補足
 「工作者に、帰化人、及び、その子孫なども、含まれる」と、判断するが、元国への利益性よりも、「所属する集団への帰衣(きえ)が、主体で、『(A)違憲、(B)不法な行為(職権の濫用などを、含む)』も、生じている」との認識が、有る。なお、憲法 前文 第二段落目の定めにより、『(一)専制と、隷従、(ニ)圧迫と、偏狭』は、除去の対象と、成っている。
注意
 「『(Ⅰ)不特定、(Ⅱ)特定』の者(標的)が、偏狭を、抱くように、誘導的な工作が、行われつつ、それを、偽善(誘発)者(集団性を、含む)が、救済する仕組み」は、Freemasonry の十八番と、成っており、各種の宗教でも、見られるが、一般的な人間関係上(恋愛、服従など)でも、生じている、『古典的な、駆け引き』にも、用いられている。

関する、法規

日本国 憲法

前文 第二段落目

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-30 (水) 13:31:46 (330d)