最高裁判所 配転の意味

  • 頁名: 日誌/進捗/令和元年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2019-09-10 (火) 15:48:36
  • 段階、参照:

趣旨

 「訴状が、受理された後、担当の裁判体へ、配送される事」を、裁判所の職員は、『配転(はいてん)』と、呼んでいる。

 『配転』は、「配置転換の略称」と、想える。

 また、「『配送』と、言う表現が、適切」と、想えるので、改めるように、要望を、行う。

要望(確認を、含む)

東京地方裁判所 立川支部 民事訟廷 事件係 - 令和元(皇紀 2679;2019)年09月10日

(ご意見、ご要望が、有った事を)解りました。

概要

 「民事の事件が、提起され、その訴状を、担当部へと、送る時に、『配転(はいてん)』と、言う事場が、使われている」と、想われる

 『配転』とは、本来だと、『配置転換』の略称と、想える。

 よって、「(あ)『転換』と、言う、言葉の使い方は、不適切に、想える感じられ、(い)代わりに、『配送(はいそう)』と、言う表現が、適切」と、想えるので、検討を、行われたい。

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 - 令和元(皇紀 2679;2019)年09月12日

(ご意見、ご要望が、有った事を)解りました。

概要

 東京地方裁判所 立川支部 民事訟廷 事件係への概要と、同じ。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-12 (木) 16:53:13 (333d)