国 車両の自動運転化

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-05-29 (金) 16:17:25
  • 段階、参照:

趣旨

 自動車の自動運転化における、開発(研究)が、世界中で、行われて、いる。

補足
 「本邦では、水素系燃料の開発が、進んで、いる」が、自動車の自動運転開発では、あまり、公に、成って、無い。
本邦で、自動車の自動運転技能を、公にと、広めない、理由(僕の見解)
 本邦、等の先進国では、『自動車を、個人で、所有を、行う、理由』に、「(A)運転を、行う、技能、(B)及び、それを、競う、観点、(C)自動車の運転手から、職を、奪う」、等が、有る。
車両の開発
 F1、等、競技を、基礎に、開発、宣伝が、行われた、娯楽の経緯が、有り、自動運転化が、進むと、『購買の目的(資本の収益)が、変わる、事』(例えば、「 F1 の競技が、自動運転化すると、人は、どうのように、思い、競技の観戦、並びに、関連の商品を、購入するのか」、等の変化)にも、影響が、生じる。
(C)自動車の運転手から、職を、奪う
 国際の観点でも、深刻な問題で、『人(TAXI、BUS、等)、貨物』の輸送で、『(ⅰ)小型、中型、(ⅱ)大型』に、分けられ、「運転手の数が、年々に、減少の傾向に、有る」と、言われるが、現状でも、かなりの数が、存在するだけに、留まらず、「労働(雇用)の問題で、集団を、形成後、暴徒化する、危険性も、高い」のが、公共の安定を、図る、観点からも、懸念される。
自動車の利益と、経世済民性
 輸送、等の観点では、優れて、いるが、『(Ⅰ)公害、(Ⅱ)事故』の観点からは、大いに、問題視されて、いる。
自動運転化の利点
 「(Ⅰ)、(Ⅱ)が、大幅に、削減される」が、それを、「望んで、無い」のが、『自動車企業の本音』と、判断するに、至って、いる。
+  YouTube

関する、課題

参考の課題

世間的な動向

+  YouTube

企業

+  YouTube

令和02(皇紀 2680;2020)年08月25日 現在

 意外にも、自動車会社より、『(あ) GAME の開発、(い)PC の 付属品』、等の製造業者が、積極的に、取り組んで、いる。

+  YouTube

 また、技術の開発では、事故、産業工作的活動も、問題視されて、いる。

+  YouTube

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-26 (水) 15:58:46 (101d)