国 刑事の事件で、被告と、成った、者には、始末書か、顛末書の作成を、義務化する

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-01-19 (日) 12:47:28
  • 段階、参照:

趣旨

 刑事の事件において、被告と、成った者は、事の経緯を、顛末(てんまつ)書で、表現(陳述)する事の義務化を、求める。

解説
 本邦の刑事における、事情では、『主に、司法の機関が、調書の作成を、行い、それに、同意を、行わせる』のが、一般的で、それによる、『事実との差異』、等が、法廷で、争われる事も、多い。
始末書
 事件の結果を、認め、その経緯と、反省を、明記する。
顛末書
 事件の結果を、認めず、その(被疑者と、成った、経緯:逮捕か、起訴が、行われ、法廷へと、被告の立場で、出廷するに、至った、事迄の)経緯を、明記する。
懸念
 筆記の能力が、無い、場合、等。
文面の作成に、時間を、要する。
 過剰に、表現の自由を、許すと、時間稼ぎが、生じる可能性を、誘発する。
雛形の作成
 裁判所は、予めに、必要とされる、事項を、用意。それに、基づいた、『意思の表示』(始末書、顛末書)を、行わせる。 
必要な事項
 『(一)事(始末書*1:顛末書では、逮捕か、起訴)が、生じた、日時、(ニ)その状況、(三)発生後の経緯』の程度で、十分と、想える。

*1 計画が、有った、場合には、『計画の立案が、生じた時点』からで、他に、動機(『衝動』、『思い付いた、原因』の釈明)の明記が、求められる。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-19 (日) 13:23:55 (75d)