内閣府 電話の待受

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-07-03 (金) 16:55:33
  • 段階、参照:

趣旨

 警察庁の事案で、苦情の申立を、試みたが、「内閣府でも、警察庁と、同等の問題を、生じさせて、いた」ので、取次の改善を、請求。

関する、課題

苦情の申立

内閣府 大臣官房 会計課 電話交換係 電話交換手 - 令和02(皇紀 2680;2020)年07月03日

(一)
 苦情の受付、等は、『内閣府 大臣官房 総務課 面談室 意見係』で、受けますので、お待ち下さい。

数分後
 申訳が、御座いません、該当の部署が、多忙で、応対が、応対が、不可能と、成って、おります。
待ちの時間
 時間は、不明と、成りますが、前に、4人が、待って、います。
総務省経由での対処
 申訳が、御座いません。

概要

 警察庁の広報課に、情報の提供を、行う、予定だったが、多忙に付き、応対が、不可能だったので、その苦情を、兼ねて、広報課へと、取次を、願う。

該当の部署が、多忙の件
 了解、現状では、どれくらい、待つような、感じと、成るのか。
他にも、待って、いる、人が、居る、件
 時間が、不明の状態は、民間の企業における、自動的音声の案内よりも、不適切に、想える、、、等の注意、指導、及び、業務の改善を、請求。
結論
 状況を、把握、及び、警察庁へ、伝える、内容、及び、苦情、並びに、内閣府の苦情を、含めて、総務省 行政評価局を、経由する、形式で、伝える。

総務省 行政評価局 行政相談管理官室 - 令和02(皇紀 2680;2020)年07月03日

概要

 警察庁、内閣府における、事情の改善を、求めた。

完了

理由

令和02(皇紀 2680;2020)年 07月10日 現在

 「各部署では、職員による、公務上の努力が、行われて、いる」と、想えるが、「民側の立場で、相応の不利益が、生じて、いる」ので、事情の報告を、兼ねて、改善の請求を、現場側に、行いつつも、改めて、『総務省 行政評価局 行政相談管理官室』にも、経緯と、改善の請求を、伝えた。

補足 『総務省 行政評価局 行政相談管理官室』にも、伝えた、事
 戦略性の観点から、情報を、複数の経路から、伝える、事で、『事案が、粉砕される、事の防御』を、試みて、いる。
解説
 「(A)問題が、万年に、生じて、いる、ような、部署は、(B)相応な事情で、問題を、生じさせて、いる」と、想われ、故に、「(C)問題が、生じて、いる、部署に、苦情の申立を、行い、『(a)部下が、真摯に、受け止めても、(b)直属の上官が、留める』との状況」は、どのような職場(例外が、無く、仮に、悪事)でも、生じて、いる。
(B)、(b)の防御策
 本邦の場合では、『(甲)該当の部署』へ、直接に、苦情の申立を、行いつつも、『(乙)広報課』、『(丙)総務省 行政評価局 行政相談管理官室』にも、申立を、行う、事で、情報(苦情)を、複数の経路で、確保が、可能。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-11 (土) 15:58:58 (34d)