最高裁判所 職員用の休憩室

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-07-14 (火) 23:51:41
  • 段階、参照:

趣旨

 最高裁判所には、「職員が、公務を、心身共に、健康的な状態で、遂行される、為の環境を、整える、義務が、有る」と、判断。

 よって、裁判所の施設内に、職員が、適度の休憩を、行える、環境を、整える、事を、求める。

補足
 他の課題と、共に、要請を、行った。

関する、課題

要請

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 - 令和02(皇紀 2680;2020)年 07月10日

 (御意見、ご要請が、有った、事を、解りました)はい。

概要

前提
 要請の対象は、全ての裁判所と、成るが、主に(特に)、全簡易裁判所と、成る。

 室内で、休憩が、行える、環境の設置を、求める。

詳細
 娯楽的な環境が、理想。
事例
 複数人で、何だかの遊び、等を、行える、環境。
補足
 民間の企業(複数の社名を、挙げて、説明)でも、主に、開発、発明、等の分野では、娯楽室(無料の飲食、遊びの道具、等)の設置が、行われて、いる。

完了

理由

令和02(皇紀 2680;2020)年07月20日 現在

 本件は、簡易的な要請を、行う、程度に、留める。

 よって、完了。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-20 (月) 16:17:15 (135d)