国 決闘の状態を、喧嘩と、刷り込む、工作

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-07-20 (月) 01:24:28
  • 段階、参照:

趣旨

 以前から、決闘の状態を、喧嘩と、刷り込む、工作が、生じて、いると、判断するに、至って、いる。

 また、語句で、『喧嘩』の他で、『タイマン、(暴力での)対決、等』(決闘の状態)を、含む。

工作
 これにおける、問題は、根深く、明示の時代に、遡る。
解説
 『決闘罪に関する件』(現行)との法律が、十分に、民へと、理解されて、いれば、戦争が、生じなかった、可能性が、有る。
補足
 僕は、嘗て、『決闘罪に関する件』で、国と、民事で、争った、事(東京地方裁判所 平成28年(ワ)第2381号)が、有る。
争いの結果
 負けたけどな、、、つまり、その責任は、国が、負う、との結果だけど、、、さて、負利と、言う、言葉の意味を、全国民に、理解されて、もらおうか。

関する、事件

関する、事件

世情の観察

TV、等

令和元(皇紀 2679;2019)年08月22日 現在

 決闘の状態を、喧嘩と、称する、形式で、視聴者に、刷り込む、物語を、確認。

関する、法規

決闘罪ニ関スル件(電子的政府

明治二十二年 法律 第三十四号

第一条

 決闘ヲ挑ミタル者又ハ其挑ニ応シタル者ハ六月以上二年以下ノ重禁錮ニ処シ十円以上百円以下ノ罰金ヲ附加ス

第二条

 決闘ヲ行ヒタル者ハ二年以上五年以下ノ重禁錮ニ処シ二十円以上二百円以下ノ罰金ヲ附加ス

第三条

 決闘ニ依テ人ヲ殺傷シタル者ハ刑法ノ各本条ニ照シテ処断ス

第四条

 決闘ノ立会ヲ為シ又ハ立会ヲ為スコトヲ約シタル者ハ証人介添人等何等ノ名義ヲ以テスルニ拘ラス一月以上一年以下ノ重禁錮ニ処シ五円以上五十円以下ノ罰金ヲ附加ス

二項
 情ヲ知テ決闘ノ場所ヲ貸与シ又ハ供用セシメタル者ハ罰前項ニ同シ

第五条

 決闘ノ挑ニ応セサルノ故ヲ以テ人ヲ誹毀シタル者ハ刑法ニ照シ誹毀ノ罪ヲ以テ論ス

第六条

 前数条ニ記載シタル犯罪刑法ニ照シ其重キモノハ重キニ従テ処断ス


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-01 (火) 16:34:31 (92d)