国 PayPay の利用

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-07-27 (月) 15:06:35
  • 段階、参照:

趣旨

 PayPay は、Wikipedia に、「(A)SoftBank が、設立、(B)中华人民共和国に、在る、電子商取引企業の『阿里巴巴集团』が、多額の出資、(C) भारत の 『 Paytm 』 と、連携』との主旨が、着されて、いる。

 「現在(以前から)、中华人民共和国と、 भारत では、国境の紛争が、生じて、いる」ので、「今後に、紛争の関係から、『 PayPay 』の利用が、不可能と、成る、可能性を、疑う」に、至る。 

 また、仮に、『 PayPay 』の利用が、不可能と、成った、時に、「本邦の民が、過剰に、中华人民共和国の共産主義が、悪い」、等と、思う(憎悪を、抱く)、可能性が、有りつつも、それを、見据えての『産業を、介する、形式での思想的工作』を、疑うにも、至る。

事例
 以前に、Yahoo!Japan( SoftBank )と、Amazon との思想的工作を、疑った、事が、有る。
理由
 「 Yahoo!Japan( SoftBank )では、Auction で、利用者を、介する、形式で、Amazon へと、個人の情報が、流用される、事を、長年に、黙認を、行って、いる」と、判断するに、至って、いる。(関する、課題を、参照されたい)

語句

関する、課題

世情の観察

報道

令和02(皇紀 2680;2020)年08月07日 現在

令和02(皇紀 2680;2020)年 07月30日 現在


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-07 (金) 15:43:26 (11h)