国 迷惑な行為と、流布を、行い、軽犯罪法の盲目化を、図る、工作

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-08-07 (金) 22:55:01
  • 段階、参照:

趣旨

 以前から、問題視を、行って、いた、情報の操作に、伴う、工作で、「軽犯罪法、該当の行為を、『迷惑な行為』と、すり替える、報道、等の工作を、見知するに、至って、いる」が、他の件を、含めて、国家、並びに、放送協会、等に、改まりが、無い

事例
 軽犯罪法、第一項、五号、十三号、二十八号、等。

 また、それによって、生じる、国民の不利益は、経世済民性を、害するにも、至って、いる。

 よって、「国家(公安委員会、最高裁判所、等)が、黙認の工作と、暫定する」に、至り、改正を、行う、事を、求める。

関する、課題

関する、事件

関する、法規

軽犯罪法

第一条

 左の各号の一に該当する者は、これを拘留又は科料に処する。

五号
 公共の会堂、劇場、飲食店、ダンスホールその他公共の娯楽場において、入場者に対して、又は汽車、電車、乗合自動車、船舶、飛行機その他公共の乗物の中で乗客に対して著しく粗野又は乱暴な言動で迷惑をかけた者
十三号
 公共の場所において多数の人に対して著しく粗野若しくは乱暴な言動で迷惑をかけ、又は威勢を示して汽車、電車、乗合自動車、船舶その他の公共の乗物、演劇その他の催し若しくは割当物資の配給を待ち、若しくはこれらの乗物若しくは催しの切符を買い、若しくは割当物資の配給に関する証票を得るため待つている公衆の列に割り込み、若しくはその列を乱した者
二十八号
 他人の進路に立ちふさがつて、若しくはその身辺に群がつて立ち退こうとせず、又は不安若しくは迷惑を覚えさせるような仕方で他人につきまとつた者

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-10-31 (土) 15:40:59 (32d)