最高裁判所 地家裁、家地歳、等の名称

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 完了、終了
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-08-11 (火) 11:59:41
  • 段階、参照:

趣旨

 各種の裁判所で、『(A)地家裁』、『(B)家地歳』と、表現される、事が、有るので、「意味が、異なるのか」、等の確認を、行う。

確認

最高裁判所 事務総局 広報課 - 令和02(皇紀 2680;2020)年08月11日

(一)
 (A)と、(B)は、同等と、成り、ます。

労働 裁判所
 民事 事件の扱いに、成ります。
法に、基く、根拠
 特に、法の定めは、無い。

(ニ)
 ご意見、有難う、御座います。

概要

(一)
 『(A)地家裁』、『(B)家地歳』の意味は、異なるのか。

Web Site 等
 『(a)地方 裁判所』、『(b)家庭 裁判所』と、区別されるが、検索、等では、(A)、(B)の表現が、有る。
労働 裁判所の存在
 「労働 裁判所が、有る」との認識が、有るが、『労働 裁判所』の名称では、存在の確認を、行えて、無い。
法に、基く、根拠
 有るのか。

(ニ)
 「(A)と、(B)が、別物と、想える」(錯誤)と、成るので、表現の同一化を、求める。

完了

理由

令和02(皇紀 2680;2020)年08月13日 現在

 「表記の統一性が、無い」のは、『(Ⅰ)統括力、統率力の低下を、表す、象徴的な現象』と、想え、更に、『(Ⅱ)隷従の醜さ』(違憲:憲法 前文 第二段落目の趣旨に、反する)をも、感じる。

 よって、『(あ)今回は、簡易な注意を、行う、程度』に、留めて、『(い)最高裁判所による、自浄力の観察』を、行う。

 なお、既に、「人材の教育に、問題が、有った、事が、解って、いた」ので、だいぶ前に、『改善の請求を、行って、いる』が、「徐々に、改まって、いる」と、感じられても、『今時代に、相応な職場の環境』を、想えば、「20年以上も、遅れて、いる、感じ」で、近年だと、『人材による、作業の電子化』よりも、『人工的知能(Artificial Intelligence( A I ))の起用』を、重要視するに、至って、いる。

関する、法規

日本国 憲法(電子的政府

昭和二十一年 憲法

前文 第二段落目

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-13 (木) 23:47:14 (37d)