最高裁判所 裁判体の紹介が、不明瞭

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-08-14 (金) 19:52:41
  • 段階、参照:

趣旨

 裁判体の更新(裁判官、書記官の変更、等)を、事務 連絡 書で、受けたが、不明瞭な部分が、各事件で、生じた。

 よって、個々に、注意、改善の請求、等を、行う。

関する、課題

苦情の申立

東京地方裁判所 立川支部 民事 一部 主任書記官 松島 克宏(まつしま かつひろ) - 令和02(皇紀 2680;2020)年08月17日

(一)
 (裁判部の)変更は、有りません。

(ニ)
 ・・・いつも、色々な御意見、等を、頂いて、おりますがぁ、、、。

解説後
 解りました。

概要

(一)
 事務 連絡 書だと、「裁判部の変更(一部から、二部への変更)が、生じた」ように、想える。

(ニ)
 本件の状況は、国家公務員法 第一条に、反する、、、(等を、説明)。

解説
 「僕が、君に、伝えて、いる、現状」は、『(A)苦情』、『(B)改善の請求』、『(C)「(A)、(B)」に、伴う、起案』(改善の叩き台)で、『(a)支部長 宛』実際には、応対者 主任書記官が、支部長へと、伝えるのと、異なり、役職上だと、まず、『(b)次席書記官』へと、伝えて、(b)から、(a)へと、伝えられるのが、一般での経路:俗に、言う、『縦割り』の逆連絡経路と、成る。
 ( )内の語句は、記載の有る、通りに、伝えて、無い
補足
 「一般の常識で、解る、事と、想って、いる」が、故に、「現実だと、簡略的に、『(a)宛と、成るが、君(応対者)の責任における、範疇は、上官の(b)に、伝える、事の程度だ』と、伝えて、いる」のが、「本節の応対者に、限らず、全ての公務員、等に、伝えて、いる、定番の説明」と、成って、いる。

東京地方裁判所 立川支部 民事 ニ部

東京地方裁判所 立川支部 民事 三部 - 令和02(皇紀 2680;2020)年08月17日

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 - 令和02(皇紀 2680;2020)年08月17日

概要

関する、法規

国家公務員法(電子的政府

公布
 令和元年六月十四日
改正
 令和元年 法律 第三十七号

第一条(この法律の目的及び効力)

 この法律は、国家公務員たる職員について適用すべき各般の根本基準(職員の福祉及び利益を保護するための適切な措置を含む。)を確立し、職員がその職務の遂行に当り、最大の能率を発揮し得るように、民主的な方法で、選択され、且つ、指導さるべきことを定め、以て国民に対し、公務の民主的且つ能率的な運営を保障することを目的とする

二項
 この法律は、もつぱら日本国憲法第七十三条にいう官吏に関する事務を掌理する基準を定めるものである。
三項
 何人も、故意に、この法律又はこの法律に基づく命令に違反し、又は違反を企て若しくは共謀してはならない。又、何人も、故意に、この法律又はこの法律に基づく命令の施行に関し、虚偽行為をなし、若しくはなそうと企て、又はその施行を妨げてはならない。
四項
 この法律のある規定が、効力を失い、又はその適用が無効とされても、この法律の他の規定又は他の関係における適用は、その影響を受けることがない。
五項
 この法律の規定が、従前の法律又はこれに基く法令と矛盾し又はて い 触する場合には、この法律の規定が、優先する。

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-26 (水) 00:32:51 (28d)