国 帰化人系の公務員による、工作、等

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-08-18 (火) 11:43:01
  • 段階、参照:

趣旨

 「帰化人系から、公務員に、成った、後に、工作を、行う、国家公務員が、居る」と、判断。

 主な原因は、『(ⅰ)職場内での排他』、『(ⅱ)世間的な排他』、等の精神的圧迫(違憲:憲法の前文、第二段落目の趣旨に、反する;正当な防衛、等を、除く)、『(ⅲ)宗教、思想の集団に、取り込む、並びに、隷従化(副重心を、煽る、等:Mounting:憲法の前文、第二段落目の趣旨に、反する)の為に、精神衰弱化を、試み、後に、救済を、行う』(洗脳の手段でも、用いられ、各種の宗教でも、用いられて、いる)

 よって、国家、及び、各機関に、該当公務員の排除を、求める。

現状

立川市役所

 立川市役所の管轄下へ、転居を、行った、当時から、職員に、異常(一般の倫理観が、低い)を、感じられて、『調査、及び、法律、規律に、伴う、制圧』を、試みた、事が、有る。

令和02(皇紀 2680;2020)年08月18日 現在

 「嘗ては、立川市役所の職員で、確認を、行えた、事例も、有った」が、現在では、減少の傾向に、有る。

留意
 『(A)現状では、東京 地方 裁判所による、各種の問題が、多発の状態』と、成って、いる、『(B)その関係で、立川市役所との接点が、減少の傾向に、有る」が、故とも、想える。

東京 地方 裁判所

 裁判所との紛争は、十年以上も、前から、生じて、いる。

令和02(皇紀 2680;2020)年08月18日 現在

 現状では、東京 地方 裁判所による、各種の問題が、多発の状態| 書記官、主任書記官、等を、主体に、多くの事件が、僕から、提訴されるに、至って、いる。

対人的表見上の問題
 「表見で、異国の子孫と、想える、職員を、主体に、僕の担当へと、充てがわれて、いるのか」、「人事の工作で、任意に、異国の子孫、及び、外見が、異国の子孫に、見える、人材を、立川支部、等、特定の職場に、配置を、行って、いるのか」と、疑うに、至り、「長年に、観察を、行って、いた」が、その末に、本件の課題を、設置するに、至って、いる。
指定暴力団との連帯性
 八王子市役所の管轄下に、在住中から、司法の人員と、指定暴力団の構成員、等との利益共有性を、疑うに、至り、『健全性の保持が、前提と、成る、相応の戦略性を、独自に、研究』(暴走族、不良少年、等の発生を、抑制を、行う、対策、等を、含む)が、有り、「立川市役所の管轄下でも、同等の戦略を、警視庁、等に、提案を、行うに、至って、いた」が、それらの関係で、「『きゅん殺』、等の攻撃(報復)を、受けて、いた」と、想える、事例が、生じて、いたが、
宗教(信仰)との連帯性
 宗教の団体、並びに、集団(信者内でも、特に、親密な関係の者)での影響よりも、「個々の判断で、行動を、行い、『行動後の擁護を、求める、関連』での連帯性」(『事前よりも、事後』での連帯)が、生じて、いると、想われる。
思想での連帯性
 Freemasonry(DeMolay、Mensa、等を、含む)、並びに、日本の共産的主義、等だと、表見上で、露骨に、関与を、行って、いる、ように、見え、無いが、[ 裁判官、等に、構成員が、居る」と、以前から、判断するに、至って、いる。
 また、職権の濫用が、生じる、事も、特徴的で、「主に、『政治、文化』の関連から、訴訟を、引き伸ばす、等にも、関与を、行って、いる」と、判断するに、至りつつも、「基本的に、異常な程に、目立ちたがり屋な者が、多く、『自分の名前、写真、等』が、世間に、事件の関連で、晒される、事を、好むような、人格(特に、男性)が、多いように、想える。
書記官による、報復
(編集中)
裁判官による、報復
(編集中)

人の精神を、害する、行為

 主に、精神の破壊、並びに、発狂させる、精神衰弱、事、等で、「男性に、Hysteria な心境を、抱かせる、等の工作」を、含む。

 立川市役所の管内で、各種の『(a)宗教、(b)思想』、等の集団を、含めて、極普通に、生じて、いる。

行為者の倫理観

 「『精神病質性が、高い、事』(倫理観の欠如)が、解って、いる」が、「当事者の行動における、指揮、命令者が、別に、居る」との事案も、見受けられる。

男性に Hysteria な心境を、抱かせる、工作、等

 「女性優位性(女性解放思想)の思想に、基く、工作と、想える」が、『(Ⅰ)統合失調症の誘発』、『(Ⅱ)自殺への誘導』、『(Ⅲ)無差別殺傷への誘導』、『(Ⅳ)特定者(精神を、害された、事に、基く、反撃;誤認での攻撃を、含む)の殺傷心を、抱かせる』、『(Ⅴ)特定の宗教、思想、人種、等に、偏狭を、抱かせる』、等で、主に、「人の感情を、憤慨(ふんがい)させて、その怒りに、伴う、衝動の矛先を、何だかで、解消を、行う、事』への誘導(心理工作的な活動)が、問題視される。

現状での警戒

 『(弌)南北朝鮮系、(弐)中華人民共和国(台湾、上海、等)』、等に、主に、似非民主系による、『(①)(暴徒の誘発)』、『(②)不経済活動』(本邦、移住国で、過剰な多産を、行う、等を、含む)、等を、警戒。

関する、法規

日本国 憲法(電子的政府

前文 第二段落目

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-08-18 (火) 14:36:40 (98d)