最高裁判所 警戒を、要する、情報の扱い

  • 頁名: 日誌/進捗/令和02年度
  • 投稿者: 万屋
  • 優先順位: 普通
  • 状態: 調査、鑑査中
  • 種別: 自由な研究/鑑査
  • 投稿日: 2020-01-24 (金) 15:58:05
  • 段階、参照:

趣旨

 裁判所を、利用する、過程で、何だかの脅威が、生じた場合、適切な対処が、行われるのかを、確認。

補足
 「僕が、法務省を、介する形式で、脅迫を、行った」との事件に、伴い、成り行き上の序に、確認を、行うに、至った。

関連する、課題

確認、改善の請求

東京地方裁判所 立川支部 民事 第一部 - 令和02(皇紀 2680;2020)年01月24日

概要

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 - 令和02(皇紀 2680;2020)年01月24日

概要

改善の請求

法務省 大臣官房 秘書課 広報室 - 令和02(皇紀 2680;2020)年01月24日

概要

(一)
 取り扱っている事件の関係で、脅迫、等を、被った場合での適切な、応対に、付いて。

(詳細は、警備上の観点から、秘匿)

(ニ)
 外線からの電話、等を、『第一の受付、第二の対応』と、言う観点で、業務を、分割する事を、求めつつ、それによって、業務の効率化を、図られたい。

補足
 『第一の受付、第二の対応』との観点は、次の通り。
第一の受付
 初期の問い合わせ先(窓口)で、そこから、『第二の対応』を、検討する。
初期の問い合わせ先(窓口)との観点
 当事者による、訴訟では、国が、被告、原告と、成る場合、何だかの理由で、法務省(訟務部)へと、直接に、問合せを、行おうと、連絡を、試みる、心境に、陥る事が、有るのかと、想われる。
 ところが、訟務部では、 法廷外で、事件の内容に、関する、論争を、避ける傾向に、有って、「基本的に、訴訟の内容では、問合せを、受け付けて、無い」のが、現状。
 それでも、一般人の立場から、今後の訴訟における、流れ、等から、『(あ)心配な事、(い)相手(国:法務省)からの言動が、侮辱、等に、該当する』が、生じる事も、有って、法務省へと、問合せたく、成るような、心境も、生じる事が、有るのかと、想われ、「既に、僕が、複数件も、問合せを、行っている」のが、現状と、成っている。
また、現状では、担当訟務官と、直接に、対話する状態が、多く、「僕の観点では、一般的な事に、該当する事が、多く、『特に、担当訟務官の応対に、限らず、別の者でも、好い』と、想えるような、事案(又は、「伝言の形式で、伝えてもられば、良い」と、言う、程度の内容)が、多かった」ので、それらの経験を、前提に、担当訟務官による、対応に、拘らず、『代表の受付』(第一の受付)が、応対する事で、担当訟務官が、被る、負担を、軽減する事を、検討されたい。
『第一の受付
』応対の手順| 大枠では、二つに、分類されると、想われる。
苦情
 秘匿。
伝言
 秘匿。
追加
 外線からの電話、等を、録音する体制も、整えられたい。

(三)
 本件は、最高裁判所(裁判所側の事務方)と、協議を、行われたい。

最高裁判所 事務総局 人事局 調査課 - 令和02(皇紀 2680;2020)年01月24日

概要

(一)
 法務省 大臣官房 秘書課 広報室との対話における、記録(録音)を、聞かせた。

(ニ)
 本件は、法務省と、共同で、検討を、行われたい。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-01-25 (土) 23:48:06 (75d)